2003年06月07日

合唱開始

本日、家の周りの大半の田圃に水が入った。早速、今宵からカエルが合唱を始めている。
不思議なもんだ、水をはったとたんにカエルが鳴き出すんですからね。カエル達はどこから来たのでしょう?
水が入った事を喜ぶかのごとく、ゲコゲコと自然の大合唱が聞こえているが、「うるさい」と思わないのはなぜなんでしょうか?それどころか「風流だなぁ〜」とさえ思ってしまう。この時期にカエルの鳴き声を聞く事で、何となく落ち着くように、日本人の心はできているのでしょうね。
それにしても、水をはった田圃って「日本の風景」という感じがしますね。周りの風景が田圃に写って、突然鏡を敷き詰めたみたいです。写っている家屋は、昔ながらの日本の風景ではありませんが、それでも日本の四季を感じる事ができて、何となくホッとしてしまいますね。
明日は天気が良かったら、子供といっしょに田圃にカエルを探しに行く約束です。晴れるといいな〜。そして間違ってもウシガエルはいませんように・・・・。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記