2003年05月26日

子供同士

託児所へ子供を迎えに行き、続いてお母ちゃんを迎えに行くと、『もう一度託児所へ行ってほしい』と言われた。
どうやら同じ職場の先輩の子供を、迎えに行って1〜2時間あずかることになったらしい。
もう一度託児所へ行って、先輩の子供を迎えてきたが、その子は我が家の子供と同じクラス。二人そろって、託児所の延長状態に入ってしまった。
車の中でも大はしゃぎ、家へ帰ってくるとさらにパワーアップし、二人で走り回っていた。お風呂もご飯も一緒。そしてどちらかがアクションを起こすと、必ず真似て同じ事をする。
いつもならなかなか進まないご飯も、友達と競争するかのように食べていた。
しかし、しばらくするとお友達は帰る時間。お友達に「さぁ〜、お父さん・お母さんが待ってるから帰ろうか」と言うと「まだ、帰らない」・・・よほど二人でいるのが楽しいのか、帰りたがらない。
しかし、2〜3回聞くと「帰る〜」と言って車に乗り込んだ。
わずか数時間の間でしたが、家はとても賑やかでした。「兄弟がいたら毎日こんな状態なのだろうな」と思い、また、こんな子供達を毎日相手している託児所の先生はエライ!!と思った瞬間でした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記