2018年02月17日

1人で奄美帰省中

180217.jpg

暖かいです。気温15度ほど。

今、奈良を離れ奄美に来ています。
朝、10時30分頃に関空行きのバスに乗り、12時50分発の飛行機で奄美に来ました。
初めてのバニラエアに乗って、奄美空港に14時30分頃に着きました。

今回帰省したのは、特別な理由はありません。
帰省したのも私1人です。
「実家へ帰らせていただきいます」と言ったわけではありません(笑)

実は以前から、帰省することを考えていました。
この時期は飛行機代が安くなる。
特に格安航空のバニラエアが参入してから、安い飛行機代が魅力でした。

母が88歳と恒例で、時には様子を見に帰省したいと、以前から考えていました。
しかし、やはりネックは飛行機代。
なかなか重い腰が上がりませんでしたが、バニラエアの格安チケットで可能となりました。

片道8,000円程度で奄美まで行くことができる。
これは本当にありがたいです。

2月の時期ですので、そんなに奄美に行く人はいないだろうと思っていました。
ところが飛行機はほぼ満席状態。
たくさんの人が奄美行きの飛行機に乗っていました。

そしてレンタカーも大勢の人で混み合っていました。
飛行機代が安いので、観光客がたくさん来ているようです。

今夜は久々に、カツオの刺身と島料理を食べました。
明日は母を連れて墓参りなど行きたいと思います。
奈良に戻るのは月曜日。
それまで奄美を堪能したいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:12 | Comment(0) | 日記

2018年02月16日

久々にボーリング・・・してないけど(笑)

180216.jpg

今夜は市のPTAのボーリング大会がありました。
副会長の立場なので、私も参加・・・のはずですが、今夜は応援だけとなりました。
なぜなら・・・五十肩が治っていないからです(TT)

今のこの肩の状態で、ボーリングなんてやったら、完全に肩をダメにしてしまいます。
今夜は応援のみで、他の方々に頑張ってもらいました。

昨年はなんと我が小学校PTAのチームが優勝したようで、今日は校長先生がトロフィーの返還を行いました。
連覇を目指して行きたかったところですが、今回は優勝は逃してしまいました。

市内の小学校・中学校・幼稚園の関係者が来ていたので、全部で20チームくらいはあったでしょうか。
人数にすれば100名近い方が、参加されていたことになります。
今日のボーリング場は、ほぼ市のPTAで貸切状態でした。

私はボーリングって、あまり得意な方ではありません。
なので、あまりボーリングをする機会もない。
我が家でボーリングをしたのって、確か1回だけ。
それももう8年ほど前です。

まだ息子が小学生で、長女が5歳くらいだったと思います。
次女は1歳で、4人でボーリングをしたのが、最初で最後ですね。
来年もボーリング大会はあるので、それに向けて練習しておいた方が良いかも。
まずはこの五十肩治すのが先ですが(^^;)

今日も見ていると、うまい人がたくさんいました。
ボーリングに回転をかけて、うまくコントロールしている。
私は回転がどうしてもうまくかけれません。

真っすぐにしか投げれないので、どうしてもストライクが出にくい。
うまく回転をかけて、ストライクが出せれば、もっと楽しくなってボーリングも上達するのでしょうけどね。
まぁ来年までの課題だ(笑)

ボーリングの後は、皆で食事に行く予定でしたが、私は先に帰らせていただきました。
まだ仕事が残っていて、仕事しないといけない。
あぁ〜せっかくの機会、残念です。

フリーで仕事していると、飲みに行く機会もないし、仕事が詰まってくりゃ、夜でも夜中でも仕事しないといけない。
まだまだ仕事が詰まっています。
一つずつクリアして行かなくては。

寒さも、少しずつ緩む日が出てきました。
本当に徐々にですが春に向かっていますね。
暖かい春の日を夢見て、仕事頑張ろう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:56 | Comment(0) | 日記

2018年02月15日

長女の変化

180215.jpg

ようやく寒さが少しだけ緩みました。
それでも例年並みなんでしょうけど、これまでの寒さがあまりにもきつかったので、暖かく感じます。
でも、またすぐに寒さが戻ってくるみたいで(^^;)
今年の冬の寒さは、本当に異常ですね。

気がつけば、2月も半分が終わった。
特に2月は短いので、あっという間に終わりそう。
まだまだ仕事も詰まった状態で、本当に気が抜けない状況です。

さて、今日は長女のことについて、つぶやいてみたい。
長女は幼い頃から、本当に手のかからない子で、私たち親も「できて当然」と見てきた感がある。
だから、できないことがあると、「なんでできないの?」と思ってしまう。
忘れ物をしたり、出来ていないことがあると、ついつい「なんでできないの!?」と口に出してしまう。

小学生なんですから、忘れ物もあるし、できないこともある。
しかし、幼い頃からしっかり者のイメージで育った長女。
どうしても私たち親も、できるものとして見てしまう。

最近まで長女の口具では「めんどくさい」でした(笑)
何かにつけ、めんどくさがってやろうとしない時期があった。
服を脱ぎっぱなしにして、注意されると「めんどくさい」と言いながら、脱衣所に持って行っていました。

最近、この「めんどくさい」を聞かなくなった。
言われたことも、素直に行動する。
服の脱ぎっぱなしは相変わらずですが(^^;)

次は6年生、最上級生になります。
その意識もあると思うが、一番は剣道のキャプテンになったことかもしれない。
まだ6年生が卒業していないが、もうキャプテンは交代していて、長女が号令や集合の合図を行なっている。

自分が中心となって、号令をかけて動いていかないといけない。
今年に入ってから、キャプテンが交代になって、そこから少し変わった気がしています。
もちろん剣道の時の様子もそうですが、家での生活にも少し変化が出てきた気がします。
長女の中でも、意識が変わったのかもしれませんね。

親からすれば、「もっと手伝いをしてほしい」とか「もっと勉強頑張ってほしい」とか、色々と子供に求めてしまう。
でも、子供は子供なりに、色々と考えているのだと思います。
これから思春期に入る長女。
反抗期もやってきます。

「できて当然」
この意識を、私たち親が捨てないといけない。
1年間、キャプテンとして頑張る長女を、親がサポートしてあげなくてはいけません。

ついつい仕事に追われて、子供のことはほったらかし気味。
時には子供とじっくり話す機会も持ちたいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:20 | Comment(0) | 日記

2018年02月14日

時代と変わるバレンタイン

180214.jpg

今日はバレンタインデーでした。

長女は学校から帰ってくるなり、友達が呼びにきて、外へ飛び出して行きました。
きっと、友達同士でチョコの交換をしてきたのでしょう。
帰ってきたら、紙袋にチョコがいっぱいでした。

今日は剣道の稽古の日なので、チョコを持って剣道へ。
稽古が終わると、女子たちはチョコを持って走り回ります。
そしてなぜか、娘たちもチョコを貰っていました。
男女関係なくチョコを配っている子が多かったようです。

我が家の男性陣は、チョコとはほぼ無縁の世界(笑)
私は嫁さんから貰ったが、息子も嫁さんからしか貰っていない。
そもそも女子が少ない学校で、さらに春休みに入っているので、学校にも行かない。
誰からもチョコを貰うことがない(笑)

まぁ、私の学生時代も似たようなものだったからなぁ〜。
高校時代は男子校だったので、バレンタインとは全く無縁でしたね。

最近のバレンタインは、本当に親しい友達などでチョコ交換するのが多いみたいですね。
長女も友達から、たくさんのチョコを貰い「お返しどうしよう?」と悩んでいました。
中には手作りチョコの友達もいたようです。
マメですね〜我が家の娘たちとは大違いです。

一月後、我が家の娘たちは、今度はホワイトデーで、お返しに悩むのでしょうね。
そう考えると、バレンタインもホワイトデーも、女子同士のイベントになりつつあるのかも。
女子同士でチョコやお菓子を交換して食べるのですから、理にかなっていますよね。

その内、男性には全く渡さない時代が来るのかも。
「昔は好きな男性にチョコを渡していた時代もあったんだぞ〜」なんて言う日が来るのかもしれませんね(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:54 | Comment(0) | 日記

2018年02月13日

悔し涙から嬉し涙へ

180213.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

ついにメダル獲得です。

盛り上がりに欠ける平昌オリンピックですが、やはり日本人選手がメダル獲得すると、盛り上がって来ますね。
スピードスケートの高木美帆選手が銀メダル。
スノーボードの原大智選手が銅メダルを獲得しました。

そして何と言っても嬉しいのが、ジャンプの高梨沙羅選手。
前回のソチオリンピックでは、金メダル確実と言われて、プレッシャーに押しつぶされてしまった。
4位という結果に終わり、本当に辛い4年間を過ごして来たと思います。

今回もかなりの重圧の中、あの小さな体で大ジャンプへと挑みました。
目指していたのは金メダル。
私たち日本国民が期待していたのも、金メダル。
しかし、その重圧の中で、銅メダルを獲得したのは、本当に本当に嬉しいことです。

本人も、次は金メダルを目指してと、すでに次の目標を見据えています。
ひとまずメダルを獲得したことで、気持ち的に区切りがついたのではないでしょうか。
そしてさらなる飛躍を目指したくなったのでしょう。

このジャンプ競技は、どう考えたって日本人は不利です。
特に女子は不利になる。

風を受けて、体を遠くまで飛ばすには、やはりある程度体格が必要。
身長も高い方が有利なので、高梨選手にとっては、めちゃくちゃ不利な条件で飛んでいる。
そんな中で、これだけの成績を残しているのです。

自分にとって不利な条件を、どうやって克服するか。
それをずっと追い求めて来た高梨選手。
今回の銅メダルは、金メダル以上の価値があると思う。
それは銅メダルを獲得した、高梨選手の表情にも表れている。

そして今回の銅メダルは、決して高梨選手一人で獲得したものではない。
一緒に戦って来た日本代表選手。
特に伊藤選手の存在が大きいのでしょう。

ジャンプを決めた時も、真っ先に高梨選手に抱きついて、喜びを爆発させていた。
良きライバルであり、良き同志である伊藤選手。
その存在があったからこそ、高梨選手も頑張れたのだと思う。

北欧やヨーロッパ、アメリカの選手と比べると、どうしても不利な日本人選手。
それでも、小さな選手たちが、頑張って頑張って飛んでいる。
本当に今回の高梨選手の活躍は、日本中に感動を与えたと思う。

努力に勝る天才なし。
まさしくその通り、努力でメダルを獲得した高梨選手。
おめでとうございます。
そして、これからもますます活躍して欲しいですね。

また他の競技でも、メダル獲得が期待されています。
頑張れ日本!!
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:52 | Comment(0) | 日記