ページ最下部に壁紙のダウンロードと
facebookの案内があります。是非ご覧下さい。

2017年05月28日

自転車練習の日々

170528.jpg

今日はお天気も良く、気持ちの良い日曜日でした。

しかし、我が家はいつもと変わらず、午前中は剣道の稽古。
午後からは、長女が剣道のお友達の家に遊びに行き、一緒に行けなかった次女は大泣き。
仕方ないので、次女の自転車練習に付き添いました(^^;)

まだ漕ぎ出す段階で戸惑っていて、なかなか一歩が踏み出せない感じです。
自転車も少し大きいので、慣れるまでもう暫くかかるでしょう。
まぁ焦らずゆっくりと乗れるようになってくれたらと思います。

しかし、次女が自転車乗れるようになったらなったで、ちょっと不安があります。
長女と違って、ハチャメチャな行動をとることが多い次女。
行動範囲が広がったら、何をしでかすかわからない不安もある。

先日も、託児所の時のお友達と遊んでいたらしく、遠くの公園まで遊びに行ったようです。
その公園に行くには、いつもは車で行く距離。
その距離を次女は走って行ったらしい。

託児所時代のお友達は、別の学校に通っています。
私学校なので、校区というものがありません。
それこそ市外からでも生徒が来る。
だから遠くの公園にも行ったのでしょう。

しかし、次女には校区がある。
完全に校区外に遊びに行っていた次女。
そのことを、次女の口から聞いて、初めてしったのです。

校区外には遊びに行ってはダメということを伝えても、どこまで理解しているのか?
なんせ行動が読めないのが次女なのです(^^;)

そんな次女が自転車乗れるようになったら・・・。
まさに水を得た魚、どこに行くか想像もつきません。
しかし、いつまでも乗れない状態でも困るし(^^;)

自転車乗れるようになったら、サイクリングを兼ねて、校区の範囲を教えた方が良いでしょうね。
我が家は校区の中でも、一番北側になる。
ちょっと北に行けば校区外。
ちょうど国道が走っているので、そこを超えてはダメと教えた方が早い。

問題は東西と南の方ですね。
サイクリングしながら、おおよその範囲を教えましょうか。
乗れるようになったからの話ですが。
それまで、次女の自転車練習、毎週のように付き合わないといけないのかな(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 19:52 | Comment(0) | 日記

学童総会の日

170527.jpg

本日は朝からスーツを着て出かけました。
最近スーツ着ることが増えています。
着なれないのでどうもしっくり来ないです(^^;)

なぜスーツなのか?
それは学童保育連絡協議会の総会だったから。

私は市の学童保育連絡協議会の理事を務めさせていただいています。
理事と言っても特別なことはしていませんが、代表理事や事務局と協力して、運営の一端を担っています。
今日は保護者や指導員を交えての総会。
私は司会進行の役を賜り、着なれないスーツで壇上に立ちました(^^;)

自治会の総会でも司会進行していましが、やはり雰囲気が違いますね。
やや緊張してしまいました。

ちゃんとシナリオがありますので、それに沿って進めるだけ。
ただ、イレギュラーなことが少しあり、対応に戸惑ってしまうことも(^^;)
なかなか不慣れなことだけに、お恥ずかしい限りでした。

総会の前半は表彰式や挨拶、そしてお招きした講師の講演がありました。
「気になる子どもへの理解と接し方」と題した講演会。
講師の先生は養護学校の教頭先生です。

しかし、講演の内容は障害児だけでなく、親子や大人同士でも当てはまる内容の講演でした。
自分のことに当てはめて振り返ってみると、「出来ていないなぁ〜」と反省することばかりでした。
日々の子育ての中で、ついつい大人目線で対応している。
もっと子供目線になって、子供と向き合わないとダメだなぁ〜と感じました。

講演終了後、総会の審議に入り、粛々と進められ、総会も成功裏に終わりました。
私も理事の一人なので、審議中は代表理事が進行を務め、私は理事として審議の内容を発表。
しかしここでミス。

本来出席の予定だった、もう一人の理事が、急遽仕事でお休みになりました。
その理事の分も私が発表したのですが、それが会計の内容。
金額を読みあげる時に、あまりの多額の単位に、途中で額がわからなくなってしまった(^^;)
隣から助け船を出されて、なんとか読み上げましたが、大変お見苦しい状態となってしまいましたm(__)m
事前に確認していたつもりが、抜けてしまっていました。

そんなこともありましたが、なんとか無事に総会も終わりました。
来年は今年の反省も踏まえ、もっとスムーズな総会にしたいと思います。

そして講演会での話を、これからの運営に生かしていきたいと思います。
相手の立場に立って考えること。
私は理事という立場ですが、元々は学童に子供を預ける親の立場でした。
ですから、保護者の立場にも立てると思います。
そして、学童立ち上げ時、その後の運営時には、指導員の先生方と協力して運営しました。
だから、指導員の立場にも寄り添うことは可能だと思う。

仕事をしながらの理事ですので、できる範囲は限られます。
ただ、常に相手の立場に立って、運営の一端を担わせていただこうと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 08:32 | Comment(0) | 日記

2017年05月26日

夜風が心地よい

170526.jpg
【風鈴復活しました】

昨日は雨で少し気温が下がったが、今日はまた天気が回復してきて、暑い1日でした。
子供達はもうすっかり夏服で登校しています。
そして私もすっかり半袖で生活しております。

先日つぶやいた「鳴らない風鈴」は、修理をして復活しました。
心地よい夜風に吹かれて、涼しげな音色を奏でております。
やっぱり南部鉄の音色は良いですね。

気がつけばもう5月も終わりが近づいて来ました。
早いな〜早すぎるな〜あとひと月で半年終わるじゃないですか(><)
いかんなぁ〜またこのままズルズルと、一年が終わりそうな気配が。

毎年、この時期は比較的仕事は落ち着く時期です。
印刷会社も夏場は暇になることが多く、私の仕事も夏場は比較的落ち着いていることが多い。
だから、仕事以外でやりたいことや、やらなくてはいけないことは、この時期に手がける方が良い。

しかし、昨年はなぜか忙しかった記憶がある。
それは、初めての校区の夏祭りがあったから。
加えてホームページの仕事も重なって、とにかく忙しかった。

今年も夏祭りがあり、先日も実行委員会の会議がありました。
しかし、昨年の土台があるので、今年はまだマシです。
昨年よりは落ち着いて夏祭りの準備ができそうです。

代わりと言ってはなんですが、今年はPTAの用事が入ってくる。
いやはや何かと用事がありますね。
来年は会長なので、もっと忙しくなるのでしょうね。

今は比較的、落ち着いて仕事ができています。
その分、夜の時間に創作活動もできている。
これくらいの感じが良いなぁ〜(^^;)

季節的にも、今が一番過ごしやすい時季ですね。
創作活動にも、とても良い時季なんだと思います。
本当は芸術の秋で、秋の方が良いのだろうけど、残念ながら秋は仕事が忙しくなる。
加えて行事も多いので、今の時季が良い。

そんな訳で、昨日新作を発表しましたが、また創作活動を続けたいと思います。
風鈴の音色をBGMに。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:27 | Comment(0) | 日記

2017年05月25日

違った作風の新作

170525.jpg
【まだタイトルも決まっていない新作です】

2月に新作を描いてから、またすっかり新作が遠のいている。
仕事の絵本では、たくさん描いているのですが、自分の作品という意味では、またご無沙汰です。
そろそろ新作を描いていきたいのですが、イメージが湧きません。

最近はアニマルシリーズよりも、違う手法で描くことを試しています。
ペンタブ&Painterで、作品を描くことにチャレンジしています。
ちょっと頭の中に描きたいイメージができて、ここ暫く、使い慣れないPainterで描いていました。

仕事の合間や、家族が寝静まった夜に、少しずつ少しずつ描いて、なんとか形になりました。
なんとか形になったけど、まだまだ思うように描けていない。
Paintarが使いこなせていないのと、やはりペンタブが使いこなせていない。
なんせこれまでほとんど使っていませんでしたからね。

今回、かなり描き直したり、何度も修正したりしているので、ペンタブを使いまくっています。
おかげでタッチペンのペン先がかなりすり減りました(^^;)
今まで、こんなに磨り減ったことはありません。
逆に言えば、これまでそこまで真剣に使っていなかったってことです(笑)

納得できる絵ではないけど、とりあえず完成したということでご紹介。
タイトルはまだ決まっていません。
ゆっくりと考えて、決まったらサイトにもアップしたいと思います。

今回の作品は、故郷の奄美大島のイメージです。
奄美出身の歌手、中孝介さんが歌う「イラヨイ月夜浜」という歌を聴いていた時に、ふと頭に浮かんだイメージを絵にしてみました。

月夜の浜辺、唄者(唄を歌う人)が三線を弾きながら、愛しい人へ想いを込めて歌う。
三線の音色と島唄は、潮騒の音とアンサンブルを奏で、静寂な月夜へと響き渡る。
全体を様々な青で表現したくて、色合いを考えました。

これまでのアニマルシリーズとは、また違う作風です。
アニマルシリーズも続けながら、ペンタブ&Painterで、いろんなタイプの絵を描いてみたいと思います。
Painter以外にも、CLIP STUDIE PAINTもあるし、使い方によってはPhotoshopも使える。
それぞれの特性を生かして、絵を描いていけたらと思います。

そして、やっぱり液晶ペンタブが欲しいぞぉ〜(T_T)
直接画面に描き込みたい。
さぞかし描きやすいだろうなぁ〜。

もっともっと仕事頑張って、いつの日か液晶ペンタブ買いたいです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:52 | Comment(0) | 新作のお知らせ

2017年05月24日

グラフィックデザイナーがいなくなる!?

170524.jpg
【写真はINTERNET Watchサイトから】http://internet.watch.impress.co.jp/img/iw/docs/1061/249/html/a2.jpg.html
【CNET Japanの記事はこちら】
https://japan.cnet.com/article/35101693/

ちょっとショックな記事でした。

IT関連の記事を配信しているCNET Japanで気になる記事を発見。
「「日本のデザインを変えたい」--簡単・無料でプロ品質のデザインが作れる「Canva」」
こんなタイトルに、思わず目を奪われた。

「なに?無料でプロ品質!?」
「デザイナーの仕事をなめとんのか!!」と思ったが、記事を読むとちょっとショックだった。

クラウドのサービスで、名刺からポスターまで、様々なテンプレートがあり、誰でも簡単に印刷物が作れる。
そして、印刷会社で簡単に印刷もできる。
もうそんな時代なんですね。
我々グラフィックデザイナーの仕事は、ますます減っていくのでしょう。

そりゃ〜全て無くなるわけはないと思う。
でも、簡単に見た目綺麗なものが、無料で作れたら、それを使う人は増えるでしょう。
よほど、こだわりがあったり、企画段階から考える仕事なら別。
お店のオープンチラシや、名刺やDMなんかだと、入れる内容も決まっているし、テンプレートが用意されていたら、それで作ってしまうのが、ほとんどだと思う。

こりゃ〜ますます小規模事業や、中小企業の仕事は無くなりますね。
そうなると、グラフィックデザイナーの仕事も無くなる。
必然的にグラフィックデザイナーの数も減ってくるでしょう。
これからは、グラフィックデザインだけでは、飯は食っていけないってことですね。

私はよく、グラフィックデザイナーの仕事は、料理人と似ていると考えていました。
クライアントが望む味(デザイン)を、様々な材料(写真やイラスト)を使って、料理(表現)する。
料理には長年のコツがあり、それは培ってきたノウハウです。

しかし、このサービスは、もはや料理を作るのではなくて、最初から料理ができている。
ユーザーはその料理をどう盛り付けるか?で作業をする。
そりゃ〜料理人(グラフィックデザイナー)は必要ありませんね。

そんでもって、世の中似たようなもので溢れかえるのでしょうね。
でも、それがクライアントが望むものなら、そうなるでしょう。

テンプレートからものを作ると、そこにはオリジナリティは無い。
当たり前のことである。
しかし、見た目綺麗にできるので、それで満足できるのだと思う。

ところが、自分の頭の中に、もやもやとしたイメージがある場合。
同じようなテンプレートを探すのは至難の技だと思う。
似ているけど、ちょっと違う何かが違う。
そんなことが起きる可能性はあると思う。

私たちグラフィックデザイナーの仕事は、頭の中で真っ白な状態から、キャンバスに絵を描くようにデザインをイメージする。
だからテンプレートではなく、自分のイメージを形にしていく。
それが付加価値であり、仕事である。

テンプレートの場合は、あらかじめ決められたものを組み合わせるしかない。
それで満足できれば良い。しかし中途半端にイメージがあると、このテンプレートを組み合わせる作業は、むしろ酷な作業になる。
100%満足はできない可能性が高いと思う。
だからこそ、グラフィックデザイナーの仕事が、完全になくなることはない。
でも、確実に減るだろう。

ただでさえAIの進歩で、多くの仕事がAIに奪われる近未来。
私たち人間のやる仕事って、何が残るのでしょう?
そしてグラフィックデザイナーやイラストレーターの仕事って、どう変わっていくのでしょう?
私も何年、この仕事続けられるかなぁ(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:21 | Comment(0) | 仕事
【今月の壁紙】
デザイン工房アイランドにて壁紙をダウンロード出来ます。
どうぞご活用下さい。
今月の壁紙ダウンロード
今月の壁紙