2020年11月26日

新作「Green Night Christmas」

181Green Night Christmas.jpg
【Green Night Christmas】
-------------------------------------------------
静かな夜の森に、鈴の音が響き渡ります。
森の木が輝き始め、クリスマスツリーになりました。
フクロウのカップルも、リスの親子も見とれています。
森の動物たちへのクリスマスプレゼントかな。
-------------------------------------------------

新作のお知らせです。
もうクリスマスでひと月を切りましたので、今回はクリスマスのイラストです。
昨年も一昨年もクリスマスのイラストは、横型でどちらもピンク系でした。
今回は縦型でグリーンをベースにしました。

過去のイラストで言えば、No.051森のクリスマスと似ていますね。
構図的にはNo.102エンジェルライトと似ているかも。
今回は森の中のクリスマスツリーを見つめる、フクロウのカップルとリスの親子をシルエットで描いています。

クリスマスってやっぱり良いですね。
なんと言うのか、心が温まると言うか癒されると言うか。
特段何かする訳でなくても、クリスチャンでもないけど、大切な人と一緒に、または大切な人を想って過ごす。
それだけで幸せな気分になれます。

そしてそんなクリスマスを待ち焦がれる日々の時間も好きですね。
最近は忙し過ぎて、待つ時間を楽しむ事もなく、気が付けばクリスマスになっています(笑)
忙しくてもせめて仕事のBGMをクリスマスソングにして、少しでもクリスマス気分を高めたいと思います。

そろそろ我が家もクリスマスツリーとダンシングサンタを出そうかと想っています。
しかし一つ心配が。それは黒猫ショパンの存在。
ショパンが我が家に来て初めてのクリスマスです。
と言うよりも、ショパンが生まれて初めてのクリスマスですね。

確実にツリーに興味を示すと思うのです。
クリスマスツリーには、小さな飾りを沢山つけます。
ちょっとでも触ると落ちる飾りばかり。
きっとショパンが落としまくって、自分のおもちゃにするんじゃないかと(笑)

だからと言って、飾りなしのツリーだけでは味気ないし。
ダンシングサンタも、動いたらきっと猫パンチしそうな気がします。
それとも怖がって近づかないかな?
とりあえず出して反応見て考えるとしよう。

新作はネットショップでも扱っております。
興味のある方はCreemaをご覧ください。
Creemaはこちら
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 17:36 | Comment(0) | 新作のお知らせ

2020年11月25日

もう一度初心に戻って

201125.jpg

今日は次女が学校を休みました。
正確に言うと、次女たちが休みました。
昨日、学校から一斉メールで、臨時休校の連絡が入ったのです。

詳細は書かれていませんでしたが、察するにコロナの陽性者が出たか、濃厚接触の疑いが出たか。
何れにせよ、緊急を要することで、休校になったのだと思います。
昨日の時点では、とりあえず明日は休校で、その後は何も無ければ解除、最悪の場合は2週間の休校の可能性も示唆していた。

次女は休みなのを良いことに、朝は遅くまで寝ていて、気がついたら下に降りてプライムビデオを見ていました。
突然の休みを満喫していたようです。
私は仕事に追われながらも、学校からの連絡を待っていました。

メールが鳴る度に、急いでメールを見るが、関係の無いメールばかり。
結局夕方になってもメールは届かない。
いつもなら市から届くメールも、今日に限って届かない。

ようやく来たと思ったら、長女の中学校からの一斉メール。
「まさか長女の学校でも出たのか!?」と慌ててメールを見たら、注意喚起だけの内容だった。
あぁ〜ビックリした。

次女の小学校からメールが来たのは18時45分ごろ。
内容はやはりコロナ感染疑いの内容だった。
4人が感染疑いで検査をしたが、いずれも陰性だったとのことで、学校も再開されます。
ひとまず安心したけど、もうすぐそこまで感染の波が来ている証ですね。

もう、いつ誰が感染してもおかしく無い。
まぁ、そもそも第一波の時からそうだったと思います。
日本人で初めて感染者が出たのが、奈良県の人でした。
あの時点で、もうそこら中に広まっていると、私は思っていました。
常に目の前にウイルスが居ると思って、生活をしてきた。

しかし、人間の慣れってのは、やはり怖いもので。
どんどん日常化していくと、緩みが出てくるのでしょうね。
GoToキャンペーンが感染拡大の要因。みたいに報道しているけど、キャンペーンなくても広がっていたと思います。
これだけ長い期間続くと、人間やはり慣れて来て、油断ができるものです。

だから大事なのは、今一度初心に戻って、しっかり手洗い・うがい・マスクを心がけることでしょうね。
痛いのはこれから忘年会シーズンだと言うこと。
飲食店は辛いところです。
時短要請をするのなら、ちゃんと保証もセットでやらないといけませんね。

そして最後は、やはり私たち一人ひとりが注意するしかありません。
最後の踏ん張りどころだと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:21 | Comment(0) | 日記

2020年11月24日

今年もひと月ちょっと

201124.jpg
【街はすっかりクリスマスモード】

11月も残り1週間となってしまいました。
やはり9月以降は、本当にあっという間に過ぎ去ってしまう。
毎年のことですが、このまま年末まで駆け抜けるのでしょうね。

例年なら、クリスマスをどう楽しむか考えるけど、今年は何もできそうに無い。
次女はUSJへ行きたがっているけど、感染拡大している中では、やはり厳しい。
それにクリスマス前には行く時間が取れない。

よくよく考えたら、12月は祝日が無いんですよね。
天皇誕生日が、2月に変わってしまったので、祝祭日がありません。
以前は23日が祝日だったので、その日に行っていたことが多かった。
今年は・・・いや、今年もクリスマスは家で過ごしましょう。
家族揃っての(息子は仕事でいないが)クリスマスも、今のうちだけですからね。

今年は本当にどこにも出かけられない1年です。
感染拡大が始まった3〜4月は、ずっと家の中。
学校も休校中で、娘たちはずっと家の中でした。

ゴールデンウィークもどこにも行かず、ずっとDIYをして庭でバーベキューしたくらい。
感染拡大が落ち着いて来て、夏くらいはどこかへ行こうか。と思っていたら第2波でどこにも行けず。
GoToトラベルが始まっても、我が家はどこにも行かずに、近所をうろつく程度です。
どこかに行く時間もありませんからね。

一年を通しての思い出って、ほとんど家の中ですね。
まぁでも、2〜3年後には、大変な年だったなぁ〜と振り返る事ができるでしょう。
とりあえずは、家族が誰も感染せずに、元気に過ごせている事が一番です。

そして今年は、我が家に黒猫のショパンが来てくれました。
ずっと家の中に閉じこもっていた時期だからこそ、「猫を飼っても良いかな」という気持ちになったと思う。
こんな時じゃなかったら、飼っていなかったかも。

さらにこんな厳しい時でも、息子はなんとか航海実習ができて、卒業もできて、就職もできました。
内定を取り消されたり、リストラで解雇される人がいる中で、ちゃんと仕事ができる事はありがたい事です。
そして私も、こんな状況でも仕事があることに感謝です。

今年も残りひと月ちょっと。
大変な年ではあったけど、最後まで頑張り通したいと思います。
仕事もまだまだ続きます。

さぁ明日も頑張るぞ。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:15 | Comment(0) | 日記

2020年11月23日

プチ贅沢なランチとサンタの下見と猫の買い物

201123-1.jpg
【美味しく頂いたランチの後のデザート】

3連休の最終日。
どこにも行かないつもりでしたが、次女が「どこか行きたい」と訴える。
あまりにうるさいので、出かける事にしました。

出かけたのがお昼前だったので、まずはお昼ご飯。
どこに行くか悩んだ末に、フジエダコーヒーへ。
いつも走る24号線沿いにあるお店で、いつも目にしているけど、もう何年も店には行っていない。
何年?いや下手すると10何年?くらいかも。
おそらく次女は初めて。

お昼時だったので、30分ほど待ちましたが、美味しいランチを頂きました。
私は腹八分でちょうど良い量だったけど、娘たちにはボリュームがあったようで、食べ終わると「お腹いっぱいもう食べれない」と言っていました。
しかしそこにデザートが登場。

私たちは注文した時に、デザートが付いている事に気づかず。
食後のコーヒーが出てきた時に、これで終わりだと思っていた。
コーヒーを飲んでいると、そこへデザート登場。

「もうお腹いっぱい」と言っていた娘たちの目が輝く。
「お腹いっぱいとちゃうんかい」と私の心の声にも動じず、美味しそうにデザートを食べました(笑)
お昼ご飯にしては、ちょっと高くつきましたが、たまにはちょっと贅沢なランチも良いでしょう。
美味しくご飯を食べた後は、いつもの郡山イオンへ。

先週も来ましたが、今週もまた吹奏楽の演奏をやっていました。
今週は生駒高校でした。
どうやら毎週演奏会を、午前と午後でやっているようです。
もちろん演奏会を見て行きました。
長女は「自分たちも演奏会したい」と悔しそうに話していました。

郡山イオンでは買い物はせず、サンタさんの代わりに下見をして来ました(笑)
私も興味のある物をジョーシンで見て回る。
アップリウォッチや一眼レフカメラなど、いろいろ見て回り「お父さんもサンタさんお願いしたらもらえるかな?」などと話しながら、見て回りました。

201123-2.jpg
【BALMUDAのスピーカー】

しかしその中で、本当にサンタさんにお願いしたい物を発見。
以前もつぶやいたと思うのですが、BALMUDAのスピーカーが売っていました。
ランタンのような形のスピーカーで、中のLEDライトが、音に合わせて光るのです。
サイトでしか見た事はなく、実物を見るのは初めて。

デモ機はBluetoothでiPhoneとつなげば、実際の音楽が聴ける。
そこで早速自分のiPhoneとつなげて、その場で音楽を聴いてみた。
音質はとても良い。店内なので、あまりボリュームが上げられないので、大音量にした場合の音質まではわからない。
でも音は良いし、やはり連動してLEDが輝くのがおしゃれ。
値段は35000円ほど。サンタさん持って来てくれないかな(笑)

最後に近くのロイヤルホームセンターのペット館に寄りました。
ここで黒猫ショパンのために買い物。
爪研ぎや餌を入れる食器、遊び道具など、いろいろ買って帰りました。

今回の買い物は、猫グッズ以外お金使っていません(笑)
我が家は黒猫ショパンファーストになっています。

サンタさんの下見も終わったので、そろそろ本格的なサンタさん始動ですね。
私のところにもサンタさん来てくれないかなぁ〜(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:49 | Comment(0) | 日記

2020年11月22日

いい夫婦の日

201122.jpg

11月22日は「いい夫婦の日」です。
いい夫婦ってどんな夫婦なのでしょうね?
我が家ははたして「いい夫婦」なのでしょうか(笑)

私たちは夫婦になって22年になります。
1+1=2となり、翌年には3となりました。
そこから7年開いた後4になり、最終的に1+1=5になっています。

息子が生まれ、長女が生まれ、次女が生まれて、それぞれ21歳、14さい、10歳と育っています。
共働きで生活するのに必死で、まともな子育てが出来ているとは思えないけど、それでも子供達は育っています(笑)
子育てって、親が育てるのではなくて、学校や地域と関わって、子供だちは育つのだと思います。
親はそれを見守りながら、時々間違った時は寄り添ってともに育つのだと思う。

いい夫婦ってどんな夫婦なんでしょうか?
ちゃんと子育てができる夫婦?
いつも仲良く喧嘩しない夫婦?
お父さんがしっかり稼いで、奥さんが家の事をちゃんとやる夫婦?

いい夫婦に定義なんてないのだろうと思います。
100の家庭があれば、100通りの夫婦の形があると思う。
よその家の話を聞いて、我が家の旦那もそれくらい稼いで欲しいと思っても、それは無理がある。
○○さんの旦那さん、スリムでイケメンで格好いい。と言われても、私はそんな旦那になれない(笑)
それは逆もまた然り。
そんな事はお互いに言いませんけどね(笑)

いい夫婦って難しいですね。
夫婦と言っても元は他人同士。
他人が一つになって、新しい家庭を築き、そこから子供が出来て家族が増えていく。
二人だけの時と、家族が増えた時と、当然生活は変わるし、自分の時間も無くなっていく。

夫婦にしても、家族にしても、その人の良い部分を見つけ、それを愛する事が大事だと思います。
相手に対して期待をし過ぎると、それは出来ない時の失望になる。
嫁さんに対して、家事も子育ても完璧を求めたって、それは無理な話。
子供に勉強もスポーツもできる子になって欲しいと期待したって、それも無理な話。

大事なのは、頑張っている相手を想い、そこに感謝する心だと思います。
共働きで大変なのだから、家事も子育ても、二人で頑張ってようやく一人前。いや半人前かも(笑)
それでも子供達は育っています。周りに育ててもらっている事に感謝。

子供達も自分なりに頑張っています。
時に喝を入れる事はあるけど、それも本人が頑張れると信じているから。
裏切られることも多々あるけど、それは私たちが過度に期待した結果。
子供達それぞれに頑張っています。

子供達に過度の期待はしていません。
なんせ私の子なんだから(笑)
自分が出来ていないのに、子供達に期待したって、それは無茶な話。
子供達には、それぞれにやりたい道に進んで、頑張って欲しいと願っています。

いい夫婦とは、結局、お互いを尊重して尊敬しあえる間柄ではないでしょうか?
だから夫婦だけに限らず、親子間、友人間、仕事の上司や部下、いろんな関わる人との間で、その人の良い部分を尊敬できる関係になること、なのかも知れませんね。
なかなか難しいんですけどね(笑)

我が家もいい夫婦なのかわからないけど、いい夫婦になれるように、今日だけでなくて、いつもお互い感謝できる関係になれたらと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:52 | Comment(0) | 日記

2020年11月21日

美味しかったチーズとワイン

201121.jpg
【今回購入したヤギのチーズのモテ・ア・ラ・フィユ】

朝から大量の荷物を積んで、奈良市内まで車を走らせました。
依頼されていた作品集の印刷が上がり、納品するためです。
7月中旬から取り掛かった仕事でしたが、ようやくフィニッシュしました。
仕上がりに満足されていて、私も嬉しかったです。

ちょうど帰り道だったので、農と発酵Zenに立ち寄りました。
ボジョレーヌーボーが欲しかったのですが、なんと手違いで入手していないとの事。
そこで国内の美味しいワインを買って帰りました。
チーズも欲しかったので、ヤギのチーズを購入。

午後からはPTAとして、青少年健全育成天理市民会議の主催する「私の主張in天理」に出席。
これまでも何度かPTAとして参加したことはありますが、今回は審査員の一人としての参加です。
以前は小学校のPTA会長や副会長としての参加でしたが、今回は天理市PTAとしての参加。
そのため審査員という重要な枠めが回ってきたのでしょう。

事前に発表される小学生・中学生の作文を読んで、書類審査も行なっています。
私も仕事の合間を見て、10名全ての作品に目を通し、採点をして送りました。
今日は実際の発表を見て、その場で採点をします。

書面で見た作品と、実際に発表する作品と、同じなのですが、やはり話し方や表情で、また印象が変わってきます。
悩みながらも審査して、最後は記念撮影までして終わりました。
みんなそれぞれに、素晴らしい発表でした。

終わった時間は、すでに剣道の稽古に行く時間。
家に帰る時間がないので、嫁さんに次女を乗せて、迎えに来てもらい、そのまま剣道へ。
スーツだったので、保護者の皆さんに「どうしたの?」と不思議がられました(笑)

夜ご飯の後に、お楽しみのワインとチーズで乾杯。
ワインは赤ワインですが、とても飲みやすくて、チーズとも良く合います。
嫁さんと二人で、あっという間に飲み干してしまいました。

チーズもクリーミーで美味しくて、娘たちも美味しいと言って食べていました。
ヤギのチーズですが、臭みもなく、本当にまろやかで美味しかったです。
農と発酵Zenには、いろんなチーズが揃っているので、また違うチーズも買ってみたいと思います。

あっという間に終わってしまった一日。
そう言えば3連休でしたね。
我が家はどこに行く予定も無いので、家のことや自分のやらなければいけない事を、やりたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:13 | Comment(0) | 日記

2020年11月20日

飛鳥倫理法人会20周年記念ポスター

201120.jpg
【役員さんをキャストにして劇場風ポスター】

金曜日の朝は、飛鳥倫理法人会のモーニングセミナーへ。
今朝も早起きしていきましたが、実は昨夜も会場に行っていました。
それは、仕事として依頼されていたポスターを納品するため。

最初に声がかかったのは、ポスターをデザインしてほしいという仕事の依頼でした。
まずはモーニングセミナーの様子や雰囲気をて意見してほしいとのことで、ゲストとして迎えられた。
なかなか良かったので、次もゲストで参加。
ついでにポスターの打ち合わせも行う。

そして次も次も参加。
ポスター用の写真撮影もあるので、毎回カメラを持って行き、一人一人写真を撮る。
それを繰り返していると、いつまでもゲスト参加もなぁ〜と言う感じになり入会(笑)
毎週いろんな学びがあり、またいろんな人との出会いがあり、とても刺激になっています。

さて、ポスターの方は、飛鳥倫理法人会モーニングセミナーの「劇場飛鳥」と言う言葉から、劇場風のポスターにしたいとの依頼でした。
役員さんの写真を撮り、劇場や映画のような雰囲気のポスターに仕上げました。
B1サイズとA1サイズ、そしてチラシも作成。

全員で26名撮影して、Photoshopで加工して行きます。
色調整をして、切り抜きをしていく。
この作業が一昔前なら大変でした。
人物の切り抜きほど大変な作業はなかった。

しかし今はPhotoshopがかなり進化している。
なんと人物の切り抜きを自動でやってくれる。
自動でやっても、完全な切り抜きではないので、目視で確認して修正は必要。
それでも、昔のように手作業でやらなくても良いので、本当に助かります。
一昔前に、この仕事していたら、切り抜きだけでかなりの時間を要しました。

今朝は20周年の特別モーニングセミナーということで、歴代の会長の紹介があったり、3名の方の講話があったりと、実に充実した1時間でした。
昔の苦労話などもお聞きして、参加者が1人しかいない時もあったと聞き、今の盛況ぶりがとても信じられないと思いました。
その頃のご苦労があったからこそ、今に繋がり大勢の人が集まったのでしょうね。

ポスターも皆さんの前でお披露目出来て、また皆さんに喜んでいただけて、本当に良かったです。
来週からは会場受付に貼るようなので、当分は目にする事になるでしょう。

これで一つお仕事が終わりました。
明日はまた別の仕事の納品に行きます。
仕事が一つずつ仕上がって行き、気持ちも晴れやかになります。
でも、まだまだ終わっていない仕事があります。

クライアントもお待ちしているので、次の仕事にどんどん取り掛かかって行こう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 19:55 | Comment(0) | 仕事

2020年11月19日

勉強になった講演会

201119.jpg

今日は午後からPTAとして「学校保健会研修会」に参加して来ました。
県PTAの役員として、要請があり、ひと月ほど前に参加の返事をしていました。
できれば仕事していたいのですが、これも大事な事ですからね。

会場に入ると、周りはほとんど女性。
おそらく参加しているのは、学校の先生がメインだと思います。
保健の先生とかが中心なんでしょうね。
男性の参加者は、私も含めて10名ほど。

今日の講演は「学校におけるアレルギー疾患対応指針」と言う事で、アレルギー専門のお医者さんと薬剤師・小児アレルギーエデュケーターの2本立て。
アレルギーって私は全く無いし、家族にもいないので、ほとんど無知な状態で講演を聞きました。

卵アレルギーとか、小麦アレルギーとか、話には聞いた事がありますが、命に関わるほどの事とは思いませんでした。
学校の給食では、アレルギーがある場合には、その食べ物を除外しないといけない。
学校側はアレルギーのある子供を把握して、しっかり対応しなくてはいけないのですね。

様々な事例を聞くと、本当にアレルギーの事を理解していないといけないと思いました。
保健の先生だけでなく、どの先生も対応できるように、シミレーションが必要なのがわかりました。
毎年シミレーションを繰り返す事で、問題点をあぶり出し、バージョンアップさせる事が大事なのだそうです。

しかし、先生方も大変だと思います。
日常の業務に追われ、働き方改革を求められ、このような研修にも参加して。
私たち保護者からは目に見えないところで、本当に頑張っておられるのですね。

参加されている方々は、こまめにメモを取り、大事だと思う場面ではスライドの写真を撮ったりしていました。
本当に「学んで帰る」と言う強い心意気を感じました。
私などPTAの中からとりあえず参加した。みたいな感じで来ていて、何となく申し訳なく感じたほどです。

でも、アレルギーの事がわかって、とても勉強になった講演でした。
私や私の家族は、アレルギーも無く、何でも美味しくいただけることに感謝したいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:54 | Comment(0) | 日記

2020年11月18日

占い信じますか?

201118.jpg

水曜日の晩は、いつもの剣道の稽古。
終わるのが21時前なので、どうしても晩御飯は21時半頃になる。
そしてかなりの高確率で、インスタントなどになる。

今日も同じパターンで、遅めの晩御飯。
晩御飯を食べ終わる頃にテレビを見ていると、占いの番組をやっていた。
「突然ですが占ってもいいですか」という番組。

芸能人や一般の方が、占い師に占ってもらうのですが、いろんな事が当たっている。
過去のことや、これからの人生などを占ってもらい、その反応を楽しむ番組。

皆さんは占って信じますか?
生年月日で占ったり、手相やタロットなど、様々な占があります。
私は半分は信じるけど、半分は信じないと言った感じです。

占って統計的に見ているものだと思います。
だから当たる部分もあるし、かと言って必ずしもそうなるとは言い切れない。
統計的に見るとそうなる場合が多いという事なんじゃないでしょうか?

私は良い事は信じ、悪い事は注意すべき忠告として受け止めたいです。
占ってもらった事は無いんですが(笑)

むか〜し昔、まだ社会人になる前に、姉と一緒に占ってもらった事があります。
その時に言われたのが、「今の性格を変えたら人の上に立てる」でした。
昔の私の性格は、何事にも消去的で、人の上に立つとか、リーダーシップをとるとか、そんな事はまっぴらゴメンな性格でした。

でも、社会人になって、徐々に性格が変わっていったと思います。
性格が変わったと言うよりは、考え方が変わったと言う方が正しい。
昔はとにかくネガティブで、何に対しても消極的でした。
やはり変わるきっかけは転職でしたね。

転職してからは「その気になれば何でも出来る」と、自分に言い聞かせて今日まで来ています。
昔の性格のままだったら、転職もしていないし、フリーで仕事なんてとても出来なかった。
そんな意味では、昔の占もある意味当たっているのかも。

何でも占に頼るのは良く無いけど、占を信じて勇気をもったり、悪い占には忠告と受け止めて謙虚になったり。
基本は自分自身の生き方によると思うので、占はあくまでも参考程度に考えたら良いと思います。

でもなぜ占い師がわかるのか、不思議ですよね。
私も占ってもらおうかな(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:28 | Comment(0) | 日記

2020年11月17日

地域の繋がりが防犯になる

201117.jpg

ネットニュースを見て気づいた。
16年前に起きた「奈良・楓ちゃん事件」。
当時7歳の楓ちゃんが、行方不明となり、その後遺体で見つかった。
16年前の今日が、その事件発生の日でした。

小林薫被告が逮捕され、死刑判決が出て、死刑執行されています。
しかし遺族からすれば、何も終わっていない。
当時息子はまだ5歳で就学前でした。
同年代の子が命を奪われたことに、悲しみと犯人に対する怒りがこみ上げていたことを、今も思い出します。

2年前、私が小学校のPTA会長をしていた時に、特別支援担当の先生がいました。
朝の挨拶で立哨していると、最後になった児童を連れて、よく一緒に歩いていました。
その後、校門でよく立ち話をしていた。

その先生は、事件当時、楓ちゃんの学校に赴任していた。
楓ちゃん事件の事については、本当に悔やんでいました。
児童一人一人に向き合う姿は、「もう二度と楓ちゃんのような子を出さない」という意志の表れだったのかも知れません。

親となり子供が学校に通い、PTA活動を通して改めて思う事。
やはり一番の防犯は地域の繋がりです。
学校と保護者と地域、この3つが連携しなければ、子供達を守る事は出来ません。

私が子供の頃は、住んでいる地域は、大きな家族のような地域でした。
町全体が大きな家族のような繋がりで、町ですれ違う人は、みんな知っている人。
逆に言えば、知らない人が居たら「誰だろう?」とみんなが思うような環境でした。

昔は地域社会が密接に繋がっていて、知らない人が入って来たら、すぐにわかる環境でした。
しかし、地域社会が薄れ、同じ町内でも住んでいる人は知らないのが、今の地域の現状です。
私の町も、300世帯ほどありますが、知らない顔がほとんど。
自治会の役員をしていた私でもそうですから、皆さん知らない状態だと思います。

町内会の行事などで顔を合わす事もありましたが、今年はコロナ禍で、行事も出来ない。
せっかく構築されつつある、町内のつながりもSTOPされた状態です。

学校から時々、不審者情報のメールが届きます。
先日も「子供たちの写真を撮っていた」という内容のメールが届きました。
結果的にそれは不審者では無かったのですが、仮に誤りであっても、それくらいの危機意識の方が大事だと思います。
もし、その写真を撮っていた人が、ご近所さんで、子供達も顔を知っていたのなら、不審者情報にはならない。

やはり一番の防犯は、地域社会の構築だと思います。
昔のように、地域の顔が分かり合えていれば、その中で不審者は浮かび上がってくる。
今はお互いの顔がわからない状態なので、誰でも不審者になり得る。
子供達を守るためには、間違いであっても知らぬ者は不審者くらいで見るしかない。

コミュニティースクールが始まり、より地域と学校との連携が強くなっていくと思います。
地域の方々と学校が連携することで、地域の方々の顔を子供達が知る。
そこに保護者(PTA)も加わって、みんなが顔なじみになることが、一番の防犯になると思う。

加えて大事なのは、犯罪者を生み出さない社会。
生まれた時から犯罪者なんて人はいません。
犯罪者を生み出さないような教育が大事だと思います。
学力の向上だけが教育ではない。
生きていく力を身につけるのが教育だと思う。

そんな意味では、日本の教育も根本から考える必要があると思います。
楓ちゃんのように、幼い命が奪われる事件が二度と起きないように。
変えていくのは、私たち一人一人の意識なんだと思います。

大きな事は出来ないけど、私も保護者(PTA)の一員として、地域の住民として、考えていきたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:12 | Comment(0) | 私の思うこと