2019年12月14日

思わず犬が欲しくなる

191214.jpg

寒い冬の夜は、やはり鍋が美味しいですね。
今夜はあんこう鍋をいただきました。
ゼラチンたっぷりのアンコウの身と、やっぱりあん肝が最高です。
家族4人で食べたので、あん肝はちょっとだけでした(^^;)

晩御飯の鍋を食べながら、テレビを見ていた。
志村どうぶつ園が映っていました。
ちょうど剣道の稽古帰り車の中で、番組がスタートして、最初の方は車の中で見ていました。

今回は動物との心がわかるというハイジさんが来日していて、いろんな犬たちの心の声を代弁していました。
最初の犬は、なぜか相撲の取り組みを見ると大興奮する犬。
本当に相撲が始まると、画面に走って行って、ワンワン吠えながらジャンプします。
車の中で次女と見ていましたが、その可笑しさに大笑いして見ていました。

ちょうど家に着く頃に、そのワンちゃんがなぜ興奮しているのか、ハイジさんが説明していました。
どうもそのワンちゃんは、お相撲さんを人間とは感じていなくて、別の大きな生き物だと感じているらしい。
そして取り組みが、犬のケンカと似ていて、戦う姿を見て興奮しているようです。

晩御飯を食べながら見ていたワンちゃんは、どちらも感動的なワンちゃんでした。
まずは、散歩中になぜか子猫を見つけ出すワンちゃん。
子猫が捨てられているのを察知して、飼い主を子猫のところまで連れて行くらしい。

これまでに保護した子猫が17匹。
ハイジさんがワンちゃんの心を読み取ると、自分自身が捨てられたワンちゃんであったことが判明。
自分自身が捨てられて、寂しい思いをしてきたから、捨てられた子猫を探すようになった。
何とも慈悲深いワンちゃんでした。

そしてもう一匹は、亡くなった飼い主の仏壇に座り続けるワンちゃん。
5年前に16歳で亡くなった飼い主の、仏壇の前でほぼ1日を過ごすワンちゃん。
飼い主の男性は、バイトに出かけた時に、交通事故で帰らぬ人となった。
ご主人の仏壇の前で泣き崩れるご両親。

ご主人様が戻ってこないことと、泣き崩れるご両親の姿を見て、ワンちゃんもご主人様が戻ってこない事を悟った。
そして、仏壇の前で座り続ける理由がハイジさんの口から明かされる。
それは、お母さんが仏壇の前で泣き続けていた時に、ふとワンちゃんがお母さんの横に座った。
その時、ほんの少しだけ、お母さんの表情が和らいだ。

それから自分がそこに座れば、お母さんは少しだけだけど、笑顔になれる。
だからそこに座り続けている。
そして何よりも、仏壇には亡きご主人様の写真がある。

ハイジさんがどこまで動物の心を読み取っているのか?
本当にそれが真実なのか?それはわからない。
でも、それぞれのワンちゃんたちの飼い主さんは、ハイジさんの口から説明される、ワンちゃんの気持ちに納得し、涙を流す。
そして何よりも、ワンちゃんたちの表情が、何かを物語っている。

こういうのを見ると、たまらなくワンちゃんが愛おしくなる。
飼い主とワンちゃんが、本当に心で繋がっているのがわかる。
犬って本当に飼い主に従順な生き物ですよね。

私も動物大好きなので、こんな番組見ると、ワンちゃんとか欲しくなる。
でも、とても愛情を注ぎ込んでやることが、今はできない。
だから、子育ても終わって、本当に自分の時間が持てるようになったら考えたい。

いや〜やっぱりワンちゃんって愛おしい。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:54 | Comment(0) | 日記

2019年12月13日

久しぶりに似顔絵

191213.jpg
【似顔絵を使ったオリジナル時計】

ひと月ほど前に、嫁さんの友達から依頼されていたものがあった。
それはご両親の金婚式のプレゼント。
両親の似顔絵を描いて何かプレゼントにしたいとの依頼。

実は以前にも頼まれて似顔絵を描いている・・・らしい。
らしいというのは、私が覚えていないのです(^^;)
なんとなく描いたような気がするが、もうだいぶ昔の事。

でも、依頼したお友達は覚えていて、また依頼してきたという訳です。
最初は似顔絵をフレーム入れて渡そうかと考えていた。
でもそれじゃありきたりだし、何か良いものは無いか?と考えていた。

金婚式なので、50年間を二人で歩んできた事になる。
そこで、これまでの時間、そしてこれからも共に歩む時間を形にと考えた。
イラストを使ったオリジナル時計を作りました。

最初は時計制作は外注に出すつもりでした。
しかし、間に合わなくなった。
外注に出していると、お祝いする時までに間に合わない。

時計のパーツさえあれば、何とか作れるだろうと思い、時計パーツをアマゾンで注文。
土台は無印良品で売っている、アクリルの写真立てを利用。
写真を見ながら似顔絵を描いて、プリンターで出力。

アクリルに穴を開けないといけないので、電動ドリルを使って穴を開ける。
何とか時計として完成したが、そのまま渡すのもブサイク。
そこでクローゼットに眠っていたアップルの箱を利用。
AirMacの箱が余っていたので、化粧箱に変身させた。

先ほど嫁さんと二人でお友達のところへ届けました。
予想以上の出来だったようで、とても喜んでくれました。
いや〜良かった。

今回、似顔絵を描くのに液晶タブレットが役立ちました。
illustratorを使って描くのですが、やはりマウスでは「描く」というよりも「作る」という感じになる。
液タブでフリーハンドで描くと、似顔絵としてスムーズに描ける。
しかもillustratorなので、着色はマウスでペンツールで。
液タブとillustratorの利点が生かされました。

明日の晩に金婚式のお祝いをするらしいです。
ご両親にも喜んでもらえると嬉しいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:32 | Comment(0) | 仕事

2019年12月12日

鬼滅の刃が来ている

191212.jpg

ようやくクリスマスツリーを出しました。
喜んで飾り付けをする次女。
流石に長女は興味なく、さっさと自分の部屋へ(笑)

次女も喜んで飾り付けするのも、あと2〜3年かな。
その後は私一人でやるようになるのかも。

飾り付けを終えて、いざ点灯。
光ファイバーが点くツリーなので、コンセントに差し込みスイッチをオン。
ところが光らない。モーターは回っている音がするのに光ません。
どうやら中のライトが切れたようです。

仕方ないので、光らないままのツリーを飾りました。
やっぱり今年のクリスマスは盛り上がらない(笑)

そんなクリスマスですが、次女だけは盛り上がっています。
次女のサンタさんへのお願いは、コロコロと変わっていました。
最終的に落ち着いたのが、漫画です。
それも、今娘たちがハマっている「鬼滅の刃」の漫画。

この鬼滅の刃、かなり話題になっているようですね。
特に若い女性がハマる傾向にあるんだとか。
確かに我が家の娘たちもハマっているし、長女の同級生たちもハマっているようです。

私の中では、もうブームが過ぎ去った感じなんですよね。
と言うのも、アマゾンプライムで最初から見ていた。
4月ごろから見ていて、シーズン1は終了したので、気持ち的には落ち着いた。

元々は少年ジャンプ連載から始まった鬼滅の刃。
最初はあまり評判良くなかったみたいです。
ところがアニメ化されてから、一気に火が付いた。
まぁ私もアニメでハマったわけで。

しかし私がハマったのは、ストーリーの面白さや、登場人物のキャラクターの面白さ。
でも若い女性がハマっているのは、登場人物のキャラクターの推しらしい。
主人公は竈門炭治郎ですが、サブキャラとして我妻善逸と嘴平伊之助がいるが、この3人が正確バラバラ。
竈門炭治郎はとにかく真面目で優しい。
我妻善逸は気が弱くて女好き。でもいざとなったら強い。
嘴平伊之助はイノシシの面を被っているだけあって、猪突猛進タイプ。でも実は美男子。

他にも鬼殺隊のトップである柱にも様々なキャラクターがいる。
娘たちが気に入っているのが、水柱の冨岡義勇と蟲柱の胡蝶しのぶ。
炎柱の煉獄 杏寿郎や岩柱の悲鳴嶼 行冥など、9人の柱がいる。

若い女性としては、自分の推しのキャラクターにハマっているようです。
次女はどうやら水柱の冨岡義勇が推しのよう(笑)
長女はよくわかりません。
来年には映画化も決まっていて、次女は早くも映画を観に行く話を、同級生たちとしているらしい。

鬼滅の刃旋風はまだまだ続きそうですね。
プライムビデオではシーズン1が終わったので、あとは漫画で読むとしますか。
漫画の方は、娘たちが手に入れているので、そっちを読ませてもらおう(笑)

まだ鬼滅の刃を知らない方。
一度読むか、アマゾンプライムなどの配信でアニメを見るか。
きっとハマると思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:50 | Comment(0) | 日記

2019年12月11日

クリスマス気分になれず

191211.jpg

もう12月も11日。
あと2週間でクリスマスです。
それなのに我が家は、まだクリスマスツリーも何も出していません。

本当は先週の日曜日に出す予定でした。
しかし、夕方に買い物に出かけ、晩御飯を食べて帰ってきたので遅くなった。
「次の日に出そう」と話していたが、翌日も昨日も出せず。
今日は水曜日、剣道稽古の日なので、当然出せていません(^^;)
このままクリスマスを迎えそうな我が家です(笑)

今年はクリスマス気分も盛り上がりませんが、クリスマス自体が出来るかも疑問です。
なんせ25日に息子を迎えに行かないと行けなくて、おまけにその日に嫁さんは忘年会。
家族揃ってのクリスマスは出来そうにない。

次女はクリスマスにUSJに行きたいみたいで、何度か「USJ行ける?」と聞いてくる。
しかしUSJもとてもじゃないが行けない。
まず金銭的に難しい(^^;)

確かUSJって価格設定変わりましたよね。
何にも無い平日は安いけど(安いって言っても結構なお値段)ハイシーズンは高くなる。
家族全員でクリスマスに行こうと思ったら、入園だけで3〜4万円はかかる。
そこに食事や買い物を入れたら、最低でも6〜7万円見ておかないと行けません。

それに今年はスケジュール的に無理です。
なんども言うように、息子が帰ってくるのがクリスマス。
その次の週末となれば、もう年末です。
大掃除にかかっている。

そんなわけで、今年のクリスマスは、本当にクリスマス気分になりません。
それでも雰囲気だけでもクリスマスにしたいですよね。
明日こそはクリスマスツリー出すか。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:46 | Comment(0) | 日記

2019年12月10日

そのメッセージ詐欺です

191210.jpg

仕事中に嫁さんからメッセ。
なにやら変なメッセージが届いたようで。「何かわかる?」と聞いてきた。
「不在でしたので荷物を持ち帰ります。」とのメッセージとURLが届いたらしい。

すぐに宅配便を装った詐欺だとわかった。
そもそも私が家に居るのに、なんで持ち帰る(笑)
そしてなんで嫁さんの携帯にメッセージがいく(笑)

宅配会社各社から、SNSで不在を知らせる詐欺の注意が促されています。
ちなみに今回のやつは、佐川急便のサイトに誘導するものでした。
しかしこれが実に手が込んでいる。
パッと見た感じでは本物と区別がつかない。

知らない人は軽く騙されて、個人情報をすっぱ抜かれてしまうのでしょうね。
皆さんもくれぐれもご注意ください。
宅配会社が不在票でなく、SNSで荷物の持ち帰りをお知らせする事はありません。

佐川急便の偽サイトは有名らしく、ネットで調べたら出てきました。
いや本当にそっくりそのまま作ってある。
参考までに下記サイトをご覧ください。
(偽サイトではなく、注意や対策を促すサイトです。)
https://kabutousi.net/sagawa-sms/

そっくりにサイトを作ることは、サイトを作れる知識があれば、簡単に出来ることです。
でもど素人が作れるわけではありません。
ということは、これを仕事として受けた人物がいるってことですよね。
なんでかな〜こんなことで能力を使うなんて。

いつも思うことですが、その能力と時間があったら、なぜまともな仕事をしない。
まぁ思うに、報酬が良いのでしょうね。
簡単に高額のお金がもらえるから、そんなことに加担してしまう。
人を騙してお金を儲けても、それは儲けとは言わない。

儲けって字は「信じる者」と書きます。
人に信じてもらえる者が、感謝の気持ちで受け取ったお金が儲けです。
お金って自分が社会の役に立って、それが形となって返ってくるものです。
役に立つどころか、人を騙して奪い取ったお金は、あなたの人生をダメにします。

こんなブログでいくら呟いても、そんな人物は目に触れる事はないでしょうね。
私のブログに目を通してくださっている方々は、本当に真面目に生きている方々だと思います。
だってこんな地味ブログに、わざわざ足を運んでくださるのですから。

これから年末にかけて、お歳暮やクリスマスの物流が増えます。
この手の詐欺も、それを狙って盛んになる可能性があります。
もしスマホにSNSで「荷物を持ち帰りました」とメッセージが来たら、絶対にURLをクリックしないでください。

何よりも知らないところから、メッセージ来たら無視に限ります。
気をつけましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:55 | Comment(0) | ウイルス・迷惑メール