2019年02月16日

欲しい自転車と必要な自転車置き場

190216.jpg
【めっちゃカッコイイHUMMERの自転車】

本日、自転車を買った。
4月から中学生になる長女のための自転車です。
中学校では使える自転車が決まっていて、いわゆるママチャリしか使えません。

そもそもオシャレな自転車は値段が高いので、欲しいと言っても買えません(笑)
色々見て回ったが、結局シンプルな白色の自転車に決定。
あまり高い自転車を買っても、壊れてしまっては一緒です。
息子の時に、高い自転車を買ってあげたのに、1年半ほどで壊れて買い換えた。
だから安い自転車で十分だと思います。

いろんな自転車を見ていたら、自分の自転車も欲しくなって来ました。
私が乗っている自転車は、もうかれこれ15年以上乗っていると思う。
確か息子が生まれてすぐくらいに買った気がする。
当時5万くらいした自転車だったので、とても良い自転車です。
だからこそ、今でも乗っていられる。

そんなに頻繁には乗りませんが、学校に行く時や、町内での用事は自転車を走らせる。
その自転車も、だいぶガタが来ています。
昨年、息子が自動車学校に、私の自転車に乗って通っていた。
その時に、変速のギアが壊れたみたいで、ギア変速ができなくなった。

それでも普通には走れるので、今も乗っている。
しかし、最近の自転車を見ると、やはり欲しくなってしまいますね。
今日見て、特にかっこいいと思ったのがHUMMERの自転車。
車のHUMMERと同じ色合いで、めっちゃカッコイイです。

他にもカッコイイ自転車はたくさんありました。
値段的には、30,000〜50,000円くらい。
今すぐには必要ではないけど、いずれ買い換えたいですね。

でも、今一番考えなくてはいけないのは、自転車置き場です。
今、自転車置き場は、テントのような専用の自転車置き場がある。
しかし、骨組みがボロボロになって、もはや機能を果たせていない。
まずはこちらをなんとかしないといけません。

本当はちゃんとした自転車置き場を作りたい。
しかし、こればかりは素人では無理です。
ちゃんとお金を出して、プロに作ってもらわないといけない。
誰か安くで作ってくれる人いないかなぁ(^^;)

ちゃんとした自転車置き場できたら、自分の自転車も考えたいです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:20 | Comment(0) | 日記

2019年02月15日

政治問題にすることに「がっかりしている」

190215.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

オリンピックを来年に控えて、池江選手の白血病発表に日本中が揺れました。
金メダル候補の日本のエースである選手。
それだけに日本中が驚きを隠せなかったと思う。

しかし素晴らしいのは、本人が1時間ほどで前向きな姿勢に変わったという事。
一般人であっても「何で自分が・・・」と思いつめてしまいそうなもの。
それが金メダル候補として活躍している、真っ最中の選手。
何よりも本人が一番落胆したと思うけど、それを前向きな気持ちに切り替える事が出来るのは、やはり大きな夢と目標を持っているからでしょう。

白血病はもう治らない病気では無いし、白血病を克服して活躍している方も大勢いる。
ぜひ、焦らずにじっくりと病気と闘って、復帰して欲しいと思います。
日本中がそれを望んでいることでしょう。

しかし、本人が望んでいないところで、この話が話題になっています。
それは国会。オリンピック担当大臣の桜田氏が、「がっかりしている」と発した言葉が「不適切だ」として、野党側が大臣辞任を迫っている。
確かに「がっかりしている」と言う言葉は、適切では無いと思う。

ところが、これがまたマスコミお得意の、言葉の「切り取り」報道。
そりゃ〜誰だって「がっかりしている」とだけ報道されたら、「何ちゅうこと言うんだ」と思う。
でも、全文読んだら、ちゃんんと池江選手への配慮もあるし、そこまで目くじら立てる程の内容では無い。

桜田大臣の言葉選びが下手というか、思っていることをそのまま発してしまう方であるので、突っ込まれやすいのでしょうね。
そしてそれを野党の皆様方は、「これは良いネタができた」と国会で大々的に質問をする。
「言葉選びが不適切です」と指摘するだけなら良い。しかし「大臣をやめろ」と言うのはどうでしょうか?
今回の件を政治的問題にして、自分たちの都合の良いことに利用している。

桜田大臣の「がっかりしている」という言葉は確かに不適切です。
しかし、それを利用して国会で辞任を迫るのは、もっと不適切な行動です。
この騒動で一番傷つくのは、池江選手だという事が、何故わからないのか。
本当に池江選手のことを想えば、この問題をこれ以上大きくしないと考えるのが、普通の人間です。

自分は池江選手のことを想って心配している。
そう見せかけながら、自分の立場のために、それを利用している。
まさしく見せかけの正義だと思います。
それをわかっていない野党の皆様方にがっかりしています。

私たちに出来ることは、池江選手にエールを送ること。
そして静かに池江選手の闘いを見守ることです。
いつの日か、再びプールに戻ってくる日を信じて。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:46 | Comment(0) | 私の思うこと

2019年02月14日

変わりゆくバレンタインデー

190214.jpg

今日はバレンタインでしたね。
我が家の娘達は、数日前からチョコ作り。
そして、今日学校から帰ったら、チョコを持って出ていきました。

昔なら「好きな人でもいるのか!?」って、お父さんはちょっと心配するところ。
しかし、最近のバレンタインは、女の子同士でチョコを渡し合う、いわゆる「友チョコ」が多いようです。
長女も作ったチョコは、ほぼ全て女の子同士で受け渡ししていました。

次女も女の子のお友達から、チョコをもらい、自分もチョコを渡すために出かけていきました。
何だろうな〜私が子供の頃のようなバレンタインは、もう存在しないようですね(^^;)
女の子同士でチョコを渡し合って、男の子の存在は蚊帳の外のように感じます。
それとも本命をもらっている男の子もいるのかな?

我が家のバレンタインは、毎年こんな感じです。
息子は春休み入っているので、学校で貰うことも無い。
まぁ、学校があっても、女子が少ないので、貰うことも無いだろう(笑)

毎年母親と、北海道のおばあちゃんから貰うのが、息子のバレンタインになっています。
今年は、その母親も東京出張で居ないし(笑)
北海道からは、数日前にチョコが届いています。

最近は、義理チョコも辞める傾向が強いようですね。
会社などでは、男子社員に義理チョコを渡すのが、とても大変。
また、男性社員もお返しをするのが大変。
そんな理由で、会社ぐるみで義理チョコを辞めるところもあるみたいです。

確かにね〜貰ったら貰ったらで、お返しも大変なのは確かです。
でも、貰ったら貰ったで嬉しいものですけどね。

本来は大切な人に、気持ちを届けるのが目的のバレンタイン。
どんどん変わっていっています。
今は女の子同士の友情を確かめ合う日になっている様子。
世の男の子はどんな気持ちなんでしょう(^^;)

それでも貰っている男の子は、きっと貰っているのでしょうね。
我が家の男性陣には、バレンタインはほぼ無縁です(笑)
さて、北海道から届いたチョコレートを、少し分けてもらおうかな(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:06 | Comment(0) | 日記

2019年02月13日

夜の1人ドライブ

190213.jpg

いや〜疲れた(>_<)

夕方から1人で長距離ドライブして来ました。
片道約150km、往復300km。
時間にして往復4時間半。

行き先は名古屋。
なぜ名古屋に行ったのか。
それは息子に届け物をするため。

お昼過ぎに電車に乗って、名古屋へと向かった息子。
明日は国家試験があるため、名古屋で一泊して試験にのぞむ。

ところが夕方にメッセージが来た。
とんでもない事をやらかしてくれた。
なんと受験票を忘れて行ったようだ。

メッセージでやり取りする。
息子は受験票がなくても、番号とIDがわかれば大丈夫と思っていたようだ。
しかし、受験票の裏に、しっかりと「試験中は受験票を机の上に出してください」と書いてある。

息子は、受験票を取りに一旦戻って、再び名古屋に向かおうと思ったようだが、そんな事していたら、到着がいつになるかわからない。
もうこれは私が受験票を持って走るしかない。

今日は剣道の稽古日だったが、娘たちは剣道を休ませる事にした。
連れて行っても、帰りが遅くなるので、お弁当を買って来て食べておくように伝え、私1人で車を走らせた。
実は嫁さんも今日から出張で東京に行っているので、2人で留守番になる。

18時過ぎに名阪国道を東へと車を走らせる。
いつも鳥羽に行く時に走るので、名阪国道は慣れた道。
しかしそこから先は、慣れない道です。

ナビを頼りに、名古屋方面に向かって車を走らせる。
名阪国道から名古屋までが、意外と長いんですよね。
不慣れな道を、ナビを頼りにひたすら走る。

ようやく高速を降りて、20時15分に息子が泊まるホテルに到着。
電話で息子を呼び出し、受験票を手渡した。
一番大事な物を忘れていくなんて、一体何考えてんだか。

頑張るように伝えて、トンボ帰りで来た道を戻る。
平日の夜ということもあってか、車の数はさほど多くなかったのが幸い。
特に名阪国道は、トラックが多いのですが、今日は比較的少なかった。
ただ、もう少し時間が遅かったら、多かったかも知れません。

帰りはトイレ休憩も無しに、ひたすら車を走らせました。
そして22時半頃に、無事に帰って来ました。
本当に疲れた(@▽@)

娘たちもちゃんと留守番してくれていたので、安心しました。
長女は起きていたけど、次女はすっかり夢の中。
突然の出来事で、2人だけの晩御飯になってしまって、申し訳なかったです。

私も疲れたので、もう寝ます。
オヤスミナサイm(_ _)m
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:35 | Comment(0) | 日記

2019年02月12日

打ち合わせ二つ

190212.jpg

今日は午前と午後、仕事の打ち合わせがありました。
1日に2回も打ち合わせする事は珍しいのですが、二日に分けて打ち合わせがあるよりは、一度に済ませた方がありがたいです。

私のようにフリーで仕事をしていると、打ち合わせの時間は、制作時間を削る事になります。
でも、打ち合わせをしないと、クライアントの意思は伝わりません。
制作時間は大事ですが、その前にクライアントの意思を掴むことは、もっと大事な事です。

午前中の打ち合わせは、葛城市のH印刷会社。
いつも仕事でお世話になっているO氏の印刷会社です。
しかし今回はO氏からの依頼ではなく、H印刷会社社長さんからの依頼。

そしてその社長さんも、同業者の社長さんから相談されて、私にデザインの依頼をされました。
印刷会社では、オペレーターはいてもデザイナーがいないところも多い。
そんな時は、やはりデザインを外注する。
私もいくつかの印刷会社さんから、仕事をいただいているのが現状です。

H印刷会社社長さんとは、なんどもお会いして、お仕事もさせて頂いています。
同業者の社長さんと、名刺交換をさせて頂くと、なんと昔私が働いていたY印刷会社と同じ町内。
私が昔Y印刷会社で働いていた事を話して、しばし話が盛り上がりました。

小一時間ほど打ち合わせ&談笑をして、来た道を戻って帰りました。
片道30分弱、往復1時間、打ち合わせに1時間。
これで午前中は終わりました(^^;)

続けて午後の打ち合わせ。
今度はすぐ隣町のお仕事。
知人から紹介して頂いたようで、お問い合わせが来て打ち合わせをする事になりました。

個人で習字教室をされている方で、ご自宅にお邪魔させて頂きました。
最初は私のところへ来られるような話でしたが、私が教室を見ておきたかったので、お邪魔させて頂きました。
これもクライアントの内容を把握する上で、とても必要な事です。
こちらでも打ち合わせ&談笑で、30〜40分ほどお話させて頂きました。

印刷会社に勤めていた頃は、営業が仕事を持ってきて、クライアントの意向を伝えます。
しかし、時にニュアンスが違ったり、全くの勘違いだったりとした事がありました。
印刷会社に勤めていた頃から、必要な時は、私も営業について行って、打ち合わせをした事もあります。

人はやはり顔を見て、相手の表情を見て、話をしないと伝わらない事が多い。
できる限り打ち合わせをした方が、仕事として方向性がつかめます。

とは言え、遠方だとそれも出来ない事もある。
現に絵本の挿絵などは、東京の出版会社とメールや電話、郵送などで仕事を進める。
担当者と一度も顔を合わさずに、仕事完了させています。

でも、本当は直接会って話す方が伝わりやすいですよね。
フリーランスという特性上、すべて自分でこなさなければならない。
創作する時間も、制作する時間も、そして打ち合わせの時間も、すべて大事です。

さて、ようやく選挙の仕事が落ち着いて来た頃に、再び仕事が舞い込んで来ました。
ちょっと緩んだ気持ちを、再び引き締めて頑張りますか。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:52 | Comment(0) | 仕事