2020年01月24日

沈黙の北朝鮮

200124.jpg

世界の目が、中国の新型コロナウイルスに注目しているので、他の事を忘れがちなる。
つい最近まで、イランとアメリカが超緊張状態にあったが、それ以降動きが止まっている感がある。
このまま動きが止まってくれる事を願うばかり。

そしてもう一つ動きが止まっている国がある。
駄々っ子の北朝鮮です。
年末までにアメリカが何らかの回答をしなければ、アメリカにとって不幸なことになる。
そんな大風呂敷まで広げておいて、結局のところ何も行動せず。

まぁいつものハッタリである事は、日本もアメリカもわかっていた事。
しかし、それ以降がどうも北朝鮮がおかしい。
金正恩が雲隠れしているようなのです。

ネットの情報などでは、死亡説や重篤説などが流れています。
金正恩の代理として、妹がトップの座についているとか、30年以上海外で大使をしていた叔父が帰国しているなど。
どうも北朝鮮の内部で何かが起きている事は確かのようです。

さらに、アメリカも水面下で動いている可能性がある。
イランが落ち着いたら、トランプ大統領は、真剣に北朝鮮と向き合うかも知れない。
という事は、軍事的行動もあり得るという事。

金正恩が雲隠れしたのは、もしかするとアメリカの情報を掴んで、地下に潜っているのかも。
怖くて地上に出てこれなくて、地下でビクビクしているのかも知れません。
なんせ情報だけが頼りの国ですから、どこよりも情報は掴んでいるはず。

今年は東京オリンピックの年。
平和の祭典オリンピックですが、今年は年始から不穏な空気の世界です。
東京オリンピックは盛り上がって欲しいけど、オリンピックを利用して、嘘の平和を演出しては欲しくない。
また北朝鮮と韓国が、突然合同チーム作ったりしないで欲しい。

東京オリンピックまで半年。
世界情勢も心配ですが、やはり一番の心配は、新型コロナウイルスの感染です。
もう日本にも上陸しているので、日頃の対策で感染しないように注意するしかありません。
もう本当に迷惑な国です。

北朝鮮の今後も注視が必要ですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:27 | Comment(0) | 私の思うこと

2020年01月23日

奄美旅行はいかが!?

200123.jpg
【夏の奄美はやはり海が綺麗です】

YouTubeで動画を見る人って多いと思います。
最近はYouTubeで動画を配信する人も増えています。
私はもっぱら見る側ですが、配信する側にもなってみたい気もする。
ただ、何を発信するのか?が大切。

一つ思ったのは、私がillustratorで描いているイラストの描き方の配信。
「こうやって描いていますよ」って感じで、ゆる〜い感じでやってみても面白いかなぁ〜と考えています。
しかし、一番の問題は、そんな時間があるのか?ってとこですね。
いずれやってみたいけど、とりあえずは目の前の仕事をこなさなくては(^^;)

YouTubeで動画を見ていると、時々「奄美大島に行って来ました」って動画を見つけます。
一般の人が、奄美大島に旅行に行って、その様子を投稿している。
結構、女性の一人旅が多くて、これまでも何回か女性がアップしている動画を見た記憶があります。

奄美って沖縄と比べると、マイナーで地味なイメージです。
実際にマイナーだし、沖縄ほど垢抜けていません。
それだけに、昔ながらの南の島の様子が残っていたりします。
そこが一人旅には良いのかも知れませんね。

そして一人旅の方の動画を見ていると、シーズンオフが多い。
きっと飛行機代が安いってのが、一番の理由でしょうね。
シーズンオフって言っても、天気が良ければ海も綺麗に見える。
海水浴をするのなら夏ですが、海を見て景色を見て、美味しい島の料理を食べるのなら、季節は関係ない。
でも、やっぱり夏の海が一番綺麗なのは確かです。

しかし夏の間は、飛行機代が高いです。
LCCの格安航空でも夏場は高くなる。
それがシーズンオフの平日になると、途端に安くなります。
一人だと片道数千円で行けたりする。
そりゃ〜一人旅がシーズンオフになるのはうなづけます。

私も昨年の10月に、一人で奄美に帰省しました。
この時も平日の水曜日に出て、金曜日に戻って来ました。
片道7,000円ほどでした。
それもLCCではなくJALです。

JALやANAでも、早めに予約すれば、格安のチケットが入手できる。
シーズンオフに限りますが。

私のように家族連れだと、なかなか気軽には行けない。
でも、一人とか二人とか、少人数であれば、結構格安で行けます。
今年は暖冬だし、奄美はさらに暖かい。
のんびり海を眺めたり、釣りをしたり。
美味しい島の料理食べて、奄美を満喫することもできます。

みなさん、ぜひ奄美の旅いかがですか?
紹介しておいて、自分が帰りたくなった(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:54 | Comment(0) | 日記

2020年01月22日

やっぱりSARSの再来か

200122.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

やっぱり中国は情報を隠していたな。
急激に人から人へと感染が始まり、死者が9人となった。
すでに日本国内でも感染者が出ている以上、日本で広まることも覚悟しておかないといけない。

中国の武漢で始まった、新型コロナウイルスによる肺炎。
1週間前は、死者は1人でしたが、あっという間に広がりを見せ始めました。
これに加えて、中国では春節が始まる。
感染している人間が、大勢海外へと旅行に出る可能性がある。

そして最も近くて人気の日本には、大勢の中国人が押し寄せる。
日本政府は何か対策を考えているのか?
全く動きがないように見えるのだが。
情報が出てこないだけで、ちゃんと対策を考えているのなら良いが。

国会が始まっているのに、野党ももっとその辺を追求しろよ。
いまだに「桜を見る会」を引っ張り出し、加えてIRの問題を追求。
不正を働いた国会議員は罰せられれば良い。
もっと問題なのは、チャイナマネーが日本で悪しき事に使われいている問題。

同じくチャイナから始まった新型コロナウイルスの問題こそ、野党が追求すべき問題です。
なんでこの事には触れないのか?
最も私たち日本人の命を脅かす問題ですけどね。

今回の新型コロナウイルスは、マスコミも「大丈夫だろう」とタカをくくっていた感があります。
それはやはり中国からの情報を信じ込んだからでしょう。
絶対に中国は、自分たちに不利な情報は出しません。
SARSの時も、情報を隠蔽して、隠しきれなくなって、世界中に広がりました。
やはり今回も同様の感じがします。

アメリカでも感染者が出ているので、もうすでに世界中に広がりつつあると考えた方が良い。
それなのにさらに中国人が、春節で世界に出て行く。
まさしくバイオテロみたいなものです。

こんな時こそ、一党独裁国家の中国は、政府命令で国外渡航禁止命令を出すべき。
そうすれば、独裁国家でも、まだマシな部分があると思ってもらえる。
しかし、そんな気は毛頭ないみたいで、むしろ他国にダメージを与える事を望んでいるようにすら感じる。
まさしくバイオテロですね。

私たちは自分の身は、自分で守るしかありません。
手洗い・うがい・ヤクルト・・・・・じゃなかった。
手洗い・うがい・マスクを心がけましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:54 | Comment(0) | 私の思うこと

2020年01月21日

魅力的だけどな〜

200121.jpg
【自宅でサーバーからビールが飲めるのは魅力的だけど】

最近いろんなサブスク(サブスクリプション)増えていますよね。
月に一定額を支払うサブスクは、お得感のあるものが多い。
私が利用しているサブスクは、音楽聴き放題のAPPLE MUSICと、仕事で使っているAdobeのCreative Cloudくらい。

最近は飲食店のサブスクや、車もサブスクのCMしたり、本当にいろんなサブスクが増えています。
そしてFacebookの広告で見つけたサブスク。
キリンビールのサブスクでした。

自宅にビールサーバーがあって、月2回美味しいビールが届く。
思わずクリックして詳細ページにジャンプした(笑)
自宅でクリーミーな泡のビールが飲めるなんて、夢のようです。

我が家は基本的に、平日にはあまり飲みません。
飲むとしたら、焼酎か梅酒orウイスキーを1杯飲むくらい。
ビールは週末に飲むくらいです。

このキリンビールのサブスク。
とっても魅力的でサイトも見ましたが、やはり手は出せません。
月々4,600円〜で、税込だと5,060円〜です。
月額基本料金が2,900円(税込3,190円)も必要。
月に1万円近くのお金を、ビールにかけることになる。

1回に届くのは、1Lが2本。つまり2L。
我が家は週末に、500mlのビールを2本買う。
金・土と飲むことも多いので、週末に2L飲む。
サブスクにしても、届いたビールは飲み切ってしまう事になる。

それにキリン以外にも飲みたい。
キリンなら一番搾り。一番搾りと同等な金額なら、サッポロ黒ラベル。
ちょっと贅沢したい時は、エビスかサントリープレミアムモルツ。
肉料理や脂っこい料理の時は、アサヒスーパードライなど。

銘柄を選ぶのもビールの楽しみです。
そして時には海外のビールを飲んだりもする。

自宅でいつでも気軽に、ビールサーバーからビールが飲めるのは魅力的。
でも、そうなるといつでも飲んでしまいそう。
それにきっと我が家では、サブスクでは足りない(笑)
量が2倍のコースもあるけど、そうなると金額も8,400円〜となる。
基本料金を足すと1万円越え。

さすがにビールに月1万円以上は出せない(^^;)
魅力的だけどな〜
やっぱりお店で選んで、飲みたい銘柄を選んで飲もう。
週末に「今週も頑張った!!」と、自分へのご褒美として飲みたいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:53 | Comment(0) | 日記

2020年01月20日

次女と英語

200120.jpg

今日は次女の英語教室の授業参観でした。
嫁さんも仕事終わらせて、現地で合流して授業参観に参加。
今日は外国の先生の授業。

外国の先生は定期的に変わります。
今日は初めての先生で、子供達もかなり緊張した様子。
もちろん次女も緊張しているのか、いつもの元気はありません(笑)
受け答えの声も小さくて、自信のないのが現れています。

外国の先生が授業をしている間に、日本人の講師が面談をします。
次女のいつもの様子や、家での様子など、話をしました。
本人は英語を楽しんでいるようだけど、まだまだわかっていないことも多いようです。
新年度から文法も取り入れるし、学校での英語の授業も始まる。
次女にとっては、英語に触れる機会が、さらに増えることになります。

家でももっと英語に取り組んで欲しけど、こればっかりは難しい。
学校から帰ってきたら、友達と遊ぶことが一番。
自分から進んで英語を勉強するなんて、とても考えられません(^^;)

せめて親が英語を出来たら違うんでしょうけどね。
残念ながら、親は二人とも英語はダメ。
家の中で、少しでも英語の会話があれば、次女ももっと英語に慣れることができるのでしょう。
かと言って、私たちが英語をできる訳も無い(笑)

よく「海外で暮らせば英語を話せるようになる」って聞きますよね。
実際に海外で暮らせば、いやでも英語で会話をしなくてはいけない。
そうなると、学ぶのではなくて、日常での手段となる。

楽天だったけな?
車内での言葉を英語に統一するって、数年前にそんな記事を見た記憶がある。
否が応でも英語で話さなければならないとなると、海外生活と一緒で、それが日常になる。
それくらいしないと、なかなか英語は身につかないのでしょうね。

英語教室でそれだけの英語が身につくかわかりません。
ただ、英語に対して拒絶反応が起きなければ良いと思っている。
私は中学校でいきなり英語の授業が始まり、それについて行けなくて、英語が嫌いになった。
私のようにならなければ、それで良いと思っています。

もちろんもっともっと英語に興味を持って、英語を得意になってくれたら、なおのこと良い。
これからの時代、英語は必須となる。
最近は便利な翻訳機もあるけど、日常レベルで会話がスムーズに出来るのと、そうでないのとでは、やはりコミュニケーション能力が違います。

まぁ、自分が出来ていないのだから、次女に無理にやらせるつもりはありません。
ただ英語を楽しみながら、学んでくれたら良いと思っています。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:51 | Comment(0) | 日記