2019年10月23日

パートナーか下請けか

191023.jpg

今、仕事がかなり詰まっています。
毎日が勝負で、少しの時間でも仕事に充てたい。
そんな時に限って、困った仕事もあるもので。

私の仕事は、直接クライアントとやり取りする場合もあれば、間に誰かが入る場合もある。
割合としては、中間に誰かが入る仕事の方が多い。
印刷会社であったり企画会社であったり、そこから仕事の依頼を受ける。

時にはめちゃくちゃタイトなスケジュールの仕事もある。
でもそんな時でも、なんとか調整して、スケジュールをこなす。
昔は「下請け」と見て仕事を出すところもあったが、そんなところとはやはり縁が切れる。

私は基本「下請け」と思って仕事はしない。
お互いにパートナーだと思って仕事をする。
私は制作に集中して、仕事を依頼する側は、いわば営業の役割をしてくれる。

それでも、時々困った仕事の進め方をされる事もある。
今回がまさしくそうでした。

仕事が入ってきたのは今月初め。
毎年この時期に入ってくる仕事で、少々ややこしい仕事。
それでも毎年やっているので、作業自体は比較的スムーズに進んでいた。

最初にタイムスケジュールを確認したくて、メールで問い合わせたが「出来るだけ早く」という返事。
毎回スケジュールを確認しても、「出来るだけ早めに」としか言わない。
私も慣れているので、大体のスケジュールを見て仕事を進めた。

そして先週末、先方からの校正が戻ってきたからと、校正原稿を取りに行きました。
その時に、修正箇所が直っていないとクレームを言われた。
しかし、そもそも修正依頼など受けていない。
「メールで修正原稿を送った」と言うのだが、そんなメールも入っていない。

まぁ喧嘩しても仕方ないので、そこは素直に原稿を受け取って帰ってきた。
次の校正出しは、翌週の水・木くらいでとの事だったので、水曜日に出せるようにスケジュールを組んだ。
原稿を受け取ったのが、金曜日の夕方で、土曜日は撮影の仕事で、帰って来たらすぐに剣道の稽古。

日曜日も剣道の稽古と、町内の秋祭りで仕事は出来ない。
月曜日はT学園への出向で一日作業出来ません。
そして火曜日は祝日。

スケジュールが組めないので、土曜日の夕方の剣道の稽古時に、MacBookProで少し修正作業をした。
残りは水曜日、つまり今日作業をして校正出しの予定だった。

ところが月曜日の午前中に、突然メールが入って、「先方が急いでいるので、明日校正出してください」と来た。
突然メール送って来て「明日出してください」って、あまりにも一方的。
やっぱり「下請け」としか見ていないのかな。

土曜日に作業をしていたとは言え、まだ半分も作業は出来ていなかった。
結局月曜日帰って来てから作業。
追加原稿として送られているはずの原稿がなくて、仕方なくプリントを見てこちらで入力。
本当にいい加減です。

全ての作業が終わったのは、深夜2時半過ぎ。
あまりにもいい加減な仕事の進め方なので、メールで「お願い」として今後このような仕事の進め方をされると、他のクライアントにもご迷惑がかかるので受け兼ねます。と書いて送った。
しかし、それに対しての回答も無し。

いくらこちらがタイトなスケジュールをこなして、深夜に仕事したり、休みの日も仕事しても、それに対して感謝の気持ちも無いんだろうな。
「お金払うんだから当然」と思っているのかも知れませんね。
でも、深夜料金も休日料金も、特急料金もいただいていないんですよ。
こちらは善意で「少しでも早く」と思い、困っているのであれば「少しでも役に立てれば」と思って、なるべく早く仕事をしている。

パートナーだと思っているのなら、そんな無茶は言わないし、言ったとしても「申し訳ない」と言う気持ちが必ずあります。
実際に他の方は、必ず「無理をお願いして申し訳ありません」と言ってくれます。
いくらこちらがパートナーだと思って仕事しても、相手が下請けとしか見ていなかったら、仕事は続かないでしょうね。

今回はかなりスケジュールに振り回され、他のクライアントにも迷惑をかけました。
いい加減な仕事をしていたら、いずれ仕事も無くなっていく事でしょうね。
私も今回のことを反面教師として、自分の仕事を見直したいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:52 | Comment(0) | 仕事

2019年10月22日

祝!!天皇陛下即位

191022.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

今日は祝日。
それも今回限りの祝日です。
こんな事は一生に一度あるかないかいくらいでしょうね。

天皇陛下の即位礼正殿の儀。
午前中は仕事をしていたので、ちょうどお昼の御飯時にテレビで見ました。
天皇陛下が即位を宣明された瞬間、そしてその後の安倍総理の祝辞と万歳三唱。
グッドタイミングで見ることができました。

令和の時代が始まり、約半年が過ぎようとしています。
天皇陛下の即位と宣明で、本格的に令和の時代になりました。
共に令和の時代を、良き時代としていきたいですね。

それにしても凄い来賓の数です。
世界中から、天皇陛下の即位を祝して、来賓が集まりました。
世界から見ても、日本の皇室というのは、特別に映るのでしょうね。

何と言っても皇紀2679年です。
2679年もの歴史を持ち、それが続いている国なんて、世界中で日本しか無いのです。
その凄さは、むしろ日本人よりも海外の人の方が知っているのかも知れません。
私たち日本人は、ついつい当たり前の事として見てしまう。

神話の時代である、神武天皇から、ずっと続いている天皇。
そして本日、126代である今上天皇が即位されました。
災害が続いている日本ですが、多くの日本国民がお祝いした日です。

話は変わって、午後からは次女を連れて三人で駅前へ。
駅前広場のコフフンに次女が行きたいと言っていたのです。
今日はハロウィンイベントで、コフフン広場でいろんな催しがされている。

次女はワークショップをやりたかったみたいですが、残念ながら行った時には終わっていました。
しかし、周りを見渡せば、いろんなお店が出ているので、次女はそれを狙っている(笑)
狙いを定めたのはクレープ屋。
先ほどお昼ご飯を食べて、「もう食べきれない」と行っていたのに(笑)

ひとまずいろんな店を見て回ろうと、一通り広場を見て回りました。
すると、どこかで見た顔が。
なんと昨年まで剣道で一緒だったMさんを発見。
雑貨を売るために出店していました。

次女が興味を示した「書道セット」を購入。
特殊な紙に、水を含ませた筆で書くと、なんと墨文字が出てくる。
そして時間が経って乾くと、綺麗に消えるのです。
まさしく習字にはピッタリ。

特売で安かったので、次女のために購入しました。
でも、おもしろそうなので、私も使うかも(笑)

コフフンを歩いていると、いろんな人に会いました。
それもなかなか日頃お会いする機会が少ない人ばかり。
思わずところで、思わぬ人と会い、しばし楽しい会話を楽しみました。

天皇陛下の即位礼正殿の儀の日。
そしてコフフンでの、いろんな人との出会い。
幸せを感じることができる1日となりました。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:33 | Comment(0) | 日記

2019年10月21日

感動をありがとう

191021.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

家族で応援したが、ラグビーW杯は残念な結果に終わってしまいました。
でも、初のベスト8を達成した日本代表に「ご苦労様、感動をありがとう」と言いたいです。
本当に素晴らしい試合を、たくさん見せてくれました。

まさかアイルランドやスコットランドに勝利できるとは。
そして初のベスト8、決勝リーグへ駒を進めるとは。
日本代表の強さは本物になったと思います。

それでも、南アフリカに勝てなかった。
前回のW杯で奇跡的な勝利をおさめているだけに、「勝てる」と思った人は多いはず。
私も「きっと勝てる」と信じて家族と共に応援した。

でもやはり南アフリカは強かった。
南アフリカも、前回屈辱的な敗北を味わったので、今回は日本に対して徹底的に研究してきたと思う。
ことごとく日本の嫌がることをやってのけた感じがします。

日本も確かに強くなった。
しかし世界はやはりもっと強いと言うことを見せつけられた試合でした。
南アフリカは次はウェールズと対戦します。
ウェールズに勝てば決勝です。

決勝の相手はやっぱりニュージーランドかな?
それともイングランド?
絶対的王者のニュージランドが本命ではあるが。

できればニュージーランドと南アフリカの試合を見たいですね。
日本を下した南アフリカが、ニュージーランドとどんな試合をするのか。
そして勝つことが出来るのか?

今回のラグビーの試合を見て、次の世代のラガーマンが育っていくのでしょうね。
そしてますます日本チームは強くなっていくでしょう。
次はベスト4、そして優勝も狙えるチームに成長してくれるでしょう。

これまで全くラグビーのルールも知らなかったけど、今回のW杯の日本の活躍で、少しはわかるようになりました。
きっと多くの日本国民がそうだと思います(笑)
にわかラグビーファンが増えたと思うけど、4年に1回のファンでも良いと思う。
サッカーW杯だって、日頃はサッカー観ない人たちが、日本チームを応援しているんだから。

日本は敗れてしまったけど、たくさんの感動と勇気をもらいました。
ありがとう日本代表チーム。
また4年後に向けて頑張ろう!!
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:51 | Comment(0) | 日記

2019年10月20日

秋晴れの下秋祭り

191020.jpg

今日は午後から町内の秋祭りがありました。
元々は子供会主催でやっていた秋祭りですが、子供会が無くなってからは自治会で。
その後はPTAが主導となって続けてきた秋祭り。

しかし、PTA主導も厳しいとの思いから、実行委員会を立ち上げて欲しいと、昨年お願いした。
今年は秋祭り実行委員会で行う予定だったが、うまく行かなかったようで、結局は自治会&PTAという形で行われた。
それでも順調に行われて、神輿巡行も無事に終えました。

神輿は小学4年生以上が引くことになったようで、なぜか長女も助っ人で呼ばれて、神輿を引いていました。
参加者の多くは未就学児で、神輿の後ろを祭りの団扇を持って歩いてもらいました。
私は記録係として、写真を撮る係。
自ら志願したんですけどね。

実は一昨年の神輿で、ちょっとトラブルがあった。
その時は、幼い子も神輿の周りを歩いていて、それをビデオや写真に撮ろうとする保護者で、ごった返しになっていた。
そこで神輿巡行中の撮影は遠慮していただくことにした。
その代わり、こちらで写真を撮って、好きなようにダウンロードしてもらう事にしました。

神輿巡行だけでなく、神輿が終わった後に、神輿の前で記念撮影したり、その後のお楽しみ会の写真も撮りました。
Web上にアップして、パスワードを入れれば、見れる形にしています。
これまでも写真は撮って来ましたが、なかなか写真を見てもらう術がなかった。
今回はテスト的にやってみました。
これでうまくいけば、来年からもこの手法で行いたいと思います。

今回は子供達のお楽しみ会が終わった後に、頑張った大人スタッフも簡単な慰労会をやりました。
これまでは「お疲れ様でした」で解散していましたが、今回はビールを飲んで反省会。
やっぱり飲み会も必要ですね。
若い人達にも、どんどん頑張ってもらって、町内会の行事を盛り上げてほしいです。

何かと行事が多い10月。
今月は土日・祝と全て行事が入っている。
何も無いのは22日の祝日くらい。
でもこの日も仕事しないとダメですね(笑)

次の土日も予定が入っています。
そして次の土日が終われば、10月も終わりが近づく。
ひゃ〜どうしよう〜。もう11月じゃん。

頑張るしかないですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:46 | Comment(0) | 日記

2019年10月19日

懐かしの「できるかな」

191019.jpg

最近気になるCMがある。
それはキットカットのCM。
気になるのは出演している人。

ノッポさんとゴン太くん。

知ってるかな〜?知らないだろうな〜(笑)
少なくとも40代以上でないと知らないはず。
昔NHKの番組だった「できるかな」の出演者です。

ノッポさんは、その名の通り背が高くてのっぽ。
器用な手先で、いろんな物を作り出します。
ゴン太くんは言わばアシスタント。

ゴン太くんは「ウホウホ」と鳴き声のような言葉しか発しない。
それにノッポさんも一言も言葉を発しない。
だから、番組は全く会話が無いものでした。
アナウンスはありましたけどね。

とにかくノッポさんもゴン太くんも喋らないので、ひたすら物を作り出すだけ。
そんな「できるかな」でしたが、大好きで見ていたのを覚えています。
もう遠い昔、30〜40年前の番組。

それがなぜ今、CMで起用されているのか?
相変わらず二人は一言も喋りません。
CMの内容は、キットカットの包装が紙になった事を伝える内容。
紙を切ったりして、包装紙としてだけでは無い使い方を紹介しています。

まずノッポさんの変わらなさにビックリ。
まるで昔にタイムスリップしたような若々しさ。
しかしこのCM見て、今の子たちは何を思うのだろう?
きっとお父さん・お母さんも「できるかな」を知らない世代が多いと思う。

できればまた「できるかな」をやってほしいな。
ネットで調べてみてわかったのですが、「できるかな」の後の番組が「つくってあそぼ」で、最終回で引き継ぎをやっていた。
その「つくってあそぼ」も、数年前に終わっている。
引き継ぎ当時はワクワクさんが、とても若いのにビックリした。

CMだけで終わるのか?
それともこの後、何か展開があるのか?
「できるかな」復活してほしいなぁ〜。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:46 | Comment(0) | 日記