2018年06月18日

阪神淡路大震災を思い出した

180618.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

ちょうど子供達を校門で迎え入れている時でした。

今週は当番で、朝の立哨のため、7時45分には校門に立っていた。
朝から雨が降っていて、傘をさして登校する子供達を待つ。
50分ごろから分団の子供達が、次々と登校して来た。

「おはようございます」と挨拶をして、子供達を学校に迎え入れる。
しばらくすると校長先生もやって来た。
登校する子供達に、声をかけ挨拶をする。

そして、いつもボランティアで子供達を引率してくれる、地域の方も子供達と一緒にやって来た。
次々に子供達が、元気に登校してくる。
そんな時だった。

近くをジェット機でも飛んでいるような音が聞こえて来た。
しかし、それは空からではない。
地面から聞こえてくる。
そして、足元から地鳴りの振動が伝わって来た。

そして地面がグラッと揺れ出したと思ったら、近くの家の窓ガラスが軋む音と同時に、建物が揺れる。
それと同時に携帯の地震速報が鳴り出した。
「地震だ!!」と叫んだが、何もすることができない。
ただただ、その場に立ち尽くし、揺れがおさまるのを待つ。

登校中の子供達も、地震にビックリした様子でしたが、パニックなどならずに冷静にしていました。
パニックになって、走り出したりして、怪我でもしたら大変です。
幸い子供達は冷静に揺れがおさまるのを待っていました。

私たちの住んでいるところは、震度4の揺れだったようです。
大阪では震度6弱のところもあり、不幸にも登校中に学校のブロック塀が倒れて来て、9歳の女の子が下敷きになり死亡してしまいました。
私も登校中の子供達を見守っている中での地震。
犠牲になってしまった女の子を思うと、胸が張り裂けそうな思いです。
自然災害とは言え、もう少しブロック塀が頑丈であったら・・・と思うと悔やまれます。

今日は電車も全線ストップしたようで、大勢の通勤通学の方々が足止めされてしまいました。
地震大国の日本ですが、都市は大きな地震が来ると、交通網が麻痺してしまいます。

これから1週間程度は、余震の起こる可能性が高いとのこと。
まだまだ大きな揺れが来る可能性もあります。
十分に注意したいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:29 | Comment(0) | 日記

2018年06月17日

盛り上がるワールドカップ

180617.jpg

ワールドカップが始まり、日本の試合が近づくにつれ、盛り上がりを見せています。
開催国のロシアが、いきなり5得点で勝利したり、アイスランドがアルゼンチンに1-1で引き分けて、注目を集めたりと、熱い試合が展開されています。

日本の初戦の相手はコロンビア。
前回のワールドカップでも対戦していて、日本は破れています。
今回もかなり厳しい戦いであることは、容易に想像できます。

さらに、日本は直前になって監督が変わり、選手間の連携もうまく行っていない。
調整試合の最終試合で、パラグアイになんとか勝ったけど、まだまだ本調子ではない。
ゴール前での決定的なシュートが、まだまだ決まらない。

日本はコロンビア、セネガル、ポーランドと、いずれもランキング上位のチームと対戦する。
今回は前評判が良くないので、みんなあまり期待をしていないように感じます。
でも、意外と前評判が良くな時の方が、結果を出したりする。

前回の時は、前評判が良かったけど、結局予選突破できなかった。
南アフリカ大会の時は、めっちゃ前評判悪くて、期待されていなかったけど、本番でめっちゃ良かった。
この時頭角を現したのが、本田や長友。
その後、香川などが出て来た。

今回は本田や長友などが、ベテランとしてチームに入っている。
果たしてどのような試合を見せてくれるのか。
日本の選手は、南米やヨーロッパの選手と比べると、どうしても体格的に負けてしまう。
パワーもスピードも、正直負けている。

日本チームが勝つには、やはりチームワークしかない。
ボールをうまく繋いで、相手のスキを見てゴールを決める。
パス回しは本当に早くなったし、正確になって来ている。
あとは、最後のゴール前でのシュートの決定打。

良い流れを作れれば、日本にも勝算はあると思う。
あまり期待しすぎると、気持ちが入りすぎてしまう。
期待しないで、軽い気持ちで応援したい(笑)

南アフリカ大会の時のように、突然化ける可能性もありますからね。
「勝てたらラッキー」くらいのつもりで応援しましょう。

しかし、世界の戦い見ていたら、本当にレベル高い。
日本は、まだまだパワーとスピードが足りない。
元々の身体の作りが違うと言えばそれまで。
だが、日本には日本の良さがある。
それを、今後どんどん伸ばして行って欲しいですね。

日本の初戦まであと2日。
頑張れにっぽん!!
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:52 | Comment(0) | 日記

2018年06月16日

懇談会と美味しい牡蠣

180616-1.jpg
【気持ちよく晴れ渡りました】

180616-2.jpg
【寮の試食会 キーマカレー美味しかったです】

朝から車を東へと走らせた。
今日は息子の学校の懇談会。
走り慣れた道を、東へ東へと走る。

いつも通り、約2時間で到着。
まずは担任の先生との懇談会がある。
主な話は、10月から5ヶ月間行われる、遠洋実習についての説明。
他にはインターンシップのことなど。

4年生になると、5ヶ月間の実習があることは、入学当時から聞かされていました。
その頃は、「そんな長い期間実習があるんだ」「それまで留年せずに行けるだろうか?」と、そんな感じに思っていた。
気がつけば4年生になり、もうそんな話の時期に来ていた。

担任の先生の懇談会の後は、学校との懇談会、そして午後からは寮の懇談会。
全ての行事が終わったのは、15時ごろ。

寮にいる息子を呼び出し、一緒に買い物に行くことにした。
コーヒーなどが切れているようで、必要なものを買いました。

その後、息子が「牡蠣を安く食べることができる店がある」ということで、その店に直行。
そこは学校の手前にある、いつも通っている店。
日頃は気にもとめていなかったが、牡蠣が安く食べれるなんて。

ワクワクしながら行ってみたが、なんともう閉まっていた(^^;)
まだ16:45だというのに、もう営業を終了したようだ。
残念だが仕方ない。

そこで、鳥羽駅の近くにある、網焼きのお店に行くことにした。
実は昨日、ちょっとリサーチしていた。
ここでも牡蠣を食べることができるので、急遽そのお店に行くことにした。

17時開店なので、17時直前にはお店前に到着。
開店と同時に入店して、牡蠣のガンガン焼き(牡蠣10個入り)を注文。
そしてトッピングとして、サザエも追加。

注文して待つこと15分ほど。
ようやく熱々の牡蠣とサザエが来た。
久しぶりの牡蠣にワクワク。
娘たちは、こんな形で牡蠣を食べるのは、おそらく初めて。
みんな美味しく牡蠣と、サザエをいただきました。

180616-3.jpg
【ガンガン焼きの牡蠣】

180616-4.jpg
【クリーミーで美味しかったです】

次女はもっともっと牡蠣を食べたかったようです。
そりゃ〜私だって、もっともっと食べたかった。
でも、牡蠣をお腹いっぱい食べるには、どこか宿泊して食べる方が良い。
お店で牡蠣を腹一杯食べると、それだけですごい金額になる(笑)
息子が鳥羽にいる間に、一度は家族で宿泊して、牡蠣を腹一杯食べたいですね。
牡蠣を食べたら、寮に戻り息子を降ろして帰路に着きました。

1年生の時から、ずっと来ている懇談会。
気がつけば4年生となり、就職の話も出始めている。
早いものですね。来年には5年生となり、就職活動が始まる。

期待と不安の中、入学式を迎えたのが、つい先日のように思い出します。
残り約2年間、精一杯頑張って欲しいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:52 | Comment(0) | 日記

2018年06月15日

故郷を想う

180615.jpg
【2月に帰省した時に写した三月浜】

学校のプールの授業が始まった。
長女は先日、今年初めてのプール授業でした。
次女は今日が今年最初のプール授業・・・のハズでした。

しかし、無情にも朝から雨。
完全にプールが無理なのを分けって、プールバッグすら持たずに登校した次女。
まぁ梅雨真っ只中ですからね。仕方ありません。

来週月曜日に再びプールがあるので、それまでのお楽しみ。
でも、なんか台風発生して、また東に向かっていますね。
月曜日も天気微妙かも(^^;)

子供達にとっては、プールは楽しみですからね。
梅雨の間は、中止が多いかもしれませんが、なんとか合間に晴れて欲しいです。

今では学校にプールがあるのは当たり前。
しかし、私が小学生の頃は、学校にプールがありませんでした。
小学校4年生の頃に、ようやくできたと記憶しています。

小学低学年の頃は、なんとプールが無いので、海で泳いでいた記憶があります。
今では信じられないですよね。
プールですら注意しないといけないのに、大勢の子供を連れて、しかも6〜7歳の子を連れて、海まで歩いて行く。
そして海で泳がせるのですから。

今では絶対に無理なことですが、そんな時代だったのです。
それでも子供心にウキウキしていたのを覚えています。
でも、その後は中学校のプールを借りて泳いでいました。
海で泳いだのは、1年生の時だけだったのかも。

私の住んでいた町には、三月浜と呼ばれる海岸があります。
町の外れにあり、昔はみんなそこで海水浴をしていました。
学校で泳ぎに行ったのも、この浜です。

中学校の時は遠泳大会で、この浜から沖に2km泳いで戻ってきました。
今ではやっていないようですが、昔は平気でこんなことやっていたんですよね。

その浜は今もあるのですが、港が埋め立てられたことにより、潮の流れが変わり砂浜が減ってしまいました。
昔は本当にサラサラの美しい砂浜だったのですが、今は砂ではなく砂利に近い浜になっています。
それでも帰省した時は、散歩がてらにその浜に行くことがあります。

昔のサラサラした砂浜を思い出しては、少し寂しくなります。
あの頃は、本当にみんな海水浴に来ていました。
浜は家族づれで賑わい、私も何度か連れて行ってもらい泳ぎました。
正確には浮き輪で浮いていた・・・が正しいけど(笑)

泳いでいると、カツオ漁船が沖から戻って来て、沖合から港に向かって走っていきます。
すると1〜2分ほどで、大きな波がやってくる。
子供達はこの波が大好きで、みんなキャーキャー言いながら、はしゃいだものでした。
たまに、宝勢丸と金鉱丸の2隻同時に戻ってくることがあり、こうなるともう大変でした(笑)

また、昔はこの三月浜をもう少し先に行くと、ウニやテラジャ(巻貝)がたくさんいて、大潮で干潮時にはウニやテラジャを家族でたくさん獲ったものです。
カゴいっぱいにウニを獲り、家の前でウニを割ってウニ丼で食べたものです。
今では信じられない、ただで食べることができた、贅沢なご馳走でした。

もうこの浜で泳ぐ人はいない。
そしてウニも獲れなくなりました。
テラジャは探したらちょっとはいるかも。

懐かしき子供の頃の風景が、今でも脳裏に焼き付いています。
時代は変わり、町も変わり、人も変わりました。
それでも、故郷はそこにある。

もう二度とは戻ってこない風景。
でもいつまでも、私の心の中にある。
それは歳を重ねるごとに、より鮮明に蘇ってくる。

故郷。やっぱり良いものですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:45 | Comment(0) | 日記

2018年06月14日

自分から逃げない

180614.jpg

かなりショッキングな事件だったが、米朝首脳会談や、ワールドカップが近づいていることもあり、メディアが取り扱わなくなっている。
新幹線の中で起きた無差別殺人事件。
まだ1週間も経っていないのに、マスコミにはすっかり忘れ去れている感がある。

犯人が適応障害があると言うことで、報道は最初から「精神鑑定」を匂わせていた。
しかし、「誰でも良かった」と言いながら、自分よりも弱いと思われる女性ばかりを狙っている。
そしてそれを男性に阻止されたことで、男性を殺害した。
弱い女性を狙う時点で、計画的だと思う。

狂気のナタは3月ごろに購入している。
東京に来るまでは、長野の山中に野宿状態でいた。
東京に来たその日に犯行に及んでいるのは、確実に計画的と言える。

犯人の生い立ちなどが、テレビで流れていたが、結局この犯人はいつも逃げていたのだと思う。
家庭の中でも親とうまくいかない。
親とぶつかって、自分の全てをさらけ出して、親と向き合うのではなく、親から逃げることを選んだ。
そして親も子供と向き合うのではなく、生活支援施設へ子供を追いやった。

親ならば、我が子を愛し、子供と真剣に向き合うのが普通。
やはり適応障害ということが、受け入れられなかったのだろうか。
しかし世の中には、同じような親子は沢山いる。
皆、辛いけどそれを受け入れて、子供を愛している。

今回の事件を受けて、両親(正確には元両親)がコメントを出したり、元父親はテレビの取材にも応じていた。
正直「他人事」のように感じた。
まるで自分たちには何も非がないような対応に見える。
「もう親子ではない」そんなことを言いたいように聞こえる。

男の子であれば、なおのこと反抗期には荒れる。
それこそ、親子で殴り合いの喧嘩になった家庭もあるだろう。
我が家も例外ではない。

殴り合いこそしなかったが、息子が中学生時代は、ほぼほぼ毎日喧嘩だった。
気分悪くなるから、見て見ぬ振りをしようかと何ど思ったか。
しかし、それでは本人のためにならない。
喧嘩になろうとも、ダメなものはダメ。
それをしっかり教えなければならない。

息子もきっとわかっていたと思う。
自分が悪いことをしたから、怒られている。
でも、それを素直に受け止められない。
だから親に反抗する。

どこの家庭でもあることだと思う。
それでもぶつかり合いながら、互いに理解していく。
親から見れば、子供の成長を願い。
子供から見れば、親が自分を気にかけていることを知る。

私も人様の家庭のことを言えるほど、立派な子育てはできていない。
でも、子供のことを信じ、子供を愛する気持ちは、胸を張って言える。
なぜ元両親はそれをしてあげれなかったのか。

そして犯人も、逃げてばかりいた。
家庭から逃げて、職場から逃げて、祖母のところから逃げた。
逃げることにより、自分は被害者だと思い込むようになる。
そして「世間が悪い」「こんな社会が悪い」と責任転嫁する。

逃げずに立ち向かうことを、誰も教えてやれなかったのだろうか。
やはり一番は親が教えるべき。
しかし、逆に逃げ道を作ってしまった。

逃げずに立ち向かい、壁を乗り越えた時、褒め称えてあげる。
それができれば、子供は壁にぶち当たっても、壁を乗り越えようとする。
逃げてばかりだと、結局は自分で自分を追い込んでしまう。
だから行き場が無くなってしまったのでしょうね。

奇しくも10年前に、秋葉原無差別殺人事件が起きている。
あの時の犯人も、やはり似たような境遇だった。
自分から逃げて逃げて逃げて、結局はそれを社会のせいにした。

頭が良くて勉強ができても、心が弱い人間が増えている気がしてならない。
勉強は学校で教えてくれるが、生きる力は家庭で教えるもの。
簡単に逃げない、そして子供を信じ愛すること。

もう一度、家族とは、家庭とは。
考える必要があるのでしょうね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:48 | Comment(0) | 私の思うこと